武田信玄の隠し湯 神奈川県・中川温泉

スポンサーリンク

中川温泉(信玄の隠し湯)は、神奈川県の西、丹沢湖の北に位置します。

行く前に「まっぷる」で調べましたが、情報がほとんど載っていませんでした。

小田原、秦野、平塚、茅ケ崎あたりの人たちにとってはご近所の温泉なのでしょうが、全国的には知名度は低いようです。

行った日が月曜日で、あいにく町営の温泉施設「ぶなの湯」はお休みだったため、旅館「信玄館」さんの日帰り温泉を利用させていただきました。

1        温泉の周辺

温泉宿は河内川の川沿いに建っています。山間の川沿いの風景は、よくある温泉宿の風景です。

川の水は澄んでとてもきれいでした。

川にかかる吊り橋です。歩くと結構揺れました。

当日、休館だった町営の「ぶなの湯」の正面玄関の写真です。建物の左手は河原です。

2        「信玄の隠し湯」と呼ばれる由縁

信玄館の前の温泉水飲み場の前の掲示板です。

戦国時代、山を越えて中川川沿いに北条氏康に攻め込んだ武田の負傷兵がこの温泉で湯治したと書いてあります。

下は「ぶなの湯」の入口の看板です。

信玄の侵入経路は峠を越えた道志川沿いの道から来たと思われます。

現在でも車で通れる道が全くありません。

昔の人も随分苦労して、峠を越えてきたことと思います。

しかし、ここまで来ると、小田原までは直線距離にして22kmです。

敵兵がここまで来たらかなりやばい状態なので、守る北条も必死になったのは分かります。

この土地では信玄は憎き敵のはずなのですが、敵の名前を借りて「信玄の隠し湯」は、少し違和感があります。

3        お湯

信玄館の脱衣場にかかっていた成分表の写真です。表示はよくあるアルカリ性単純温泉ですが、硫化水素の含有量が多く、「卵が腐ったような臭い」と言われる独特の硫黄臭があります。

浴室のお湯は薄めてあるのか、あまり臭いはありませんが、外の温泉水飲み場では臭いがし、温泉に来た気になります。

信玄館のお風呂は川を眺められる2階にあり、自然が満喫できます。

http://www.shingenkan.co.jp/

信玄館の中庭の写真です。

神奈川の宿泊施設はGoto Travelと地域振興券の組み合わせで随分安く泊まれるようです。(2020-10-7現在)

神奈川といえば、箱根ですが、ここ中川温泉もなかなか良い温泉でした。

近場の旅行で行くのも良いものです。

一休限定プラン『タイムセール』随時実施中!

スポンサーリンク

-

© 2021 ふじ・ふじブログ