月別アーカイブ:2021年02月

博覧強記

埼玉県深谷市の旧渋沢邸「中の家(なかんち)」、血洗島の由来

2021/2/27  

旧渋沢邸「中の家(なかんち)」の主屋は、渋沢栄一の妹・てい と婿養子の市郎が明治28年(1895年)に上棟された建物です。 渋沢栄一も年に数回はこの家に帰郷していたとのことです。 渋沢家は、この地の開 ...

博覧強記

ありがとう!石原プロモーション~ありがとう、石原軍団~

2021/2/28  

石原プロモーションが今年 2021年1月16日に解散しました。 国民的俳優であった石原裕次郎が設立して、渡哲也を筆頭とした石原軍団が活躍した芸能プロダクションです。 石原プロが東京の調布市にあったので ...

博覧強記

吉沢亮と橋本愛の出迎えを受け「渋沢栄一 晴天を衝け 深谷大河ドラマ館」観覧

2021/6/17  

「渋沢栄一 晴天を衝け 深谷大河ドラマ館」は、JR深谷駅から徒歩(1km/約16分)の少し離れた場所にあります。 歩いても、もちろん行けますが、開催期間中は「渋沢栄一 論語の里 循環バス」も走っていま ...

博覧強記

「青天を衝け」深谷の大河ドラマ館へ。『論語の里 循環バス』利用が断然おすすめ!

2021/4/7  

2月のバレンタインに始まった吉沢亮君主演「青天を衝け」 なかなか好評な滑り出しのようです。 先日たまたま渋谷で「青天を衝け」のイベントに出くわし、主人公 渋沢栄一の生家「中の家」(なかんち)のVRを体 ...

渋沢栄一

博覧強記

東京街歩き:渋沢栄一ゆかりの地  日銀前、GAS MUSEUM がす資料館

2021/2/23  

渋沢栄一は幕末に武蔵国榛沢郡血洗島村(現埼玉県深谷市血洗島)の豪農に生まれましたが、徳川慶喜に仕え、明治新政府の民部省・大蔵省をへて、実業の世界に入っていきます。 「我が人生は、実業にあり」と本人が言 ...

目赤不動

博覧強記

東京街歩き:江戸五色不動の一つ目赤不動

2021/2/21  

目赤不動は正式名称を「南谷寺(なんこくじ)」と呼びます。 地下鉄南北線・本駒込駅より徒歩2 - 3分の場所にあります。 東京には目白・目黒・目赤・目青・目黄の江戸五色不動があり、目赤不動はその一つです ...

博覧強記

東京街歩き:江戸五色不動の一つ目黒不動

2021/2/21  

目黒不動は正式名称を「瀧泉寺(りゅうせんじ)」と呼びます。 「目黒」の地名は、この目黒不動から付いたとも言われ、JR目黒駅からは徒歩で15分位離れています。 東京には目白・目黒・目赤・目青・目黄の江戸 ...

生活

最近ハマった!飲みやすいぞ 鹿児島芋焼酎

2021/2/18  

以前 「コスパが良い!宅飲みのおすすめ お手軽アルコールメニュー」でも紹介した頃 家族で黒糖焼酎にはまっていました。 そして 何かで割る時は麦焼酎か米焼酎など クセが少なめなものを好んでいました。 し ...

保育

保育の現場で役立つ 「家族」の手袋シアターを作ってみよう

2021/2/17  

保育の現場や子育て広場では、子どもたちに楽しんでもらうため 様々な小道具を使って手遊びや歌、お話を演じることがあります。 私が長年保育士をしてきて、季節に関係なく一番遊べる題材の手袋シアターは「家族」 ...

博覧強記

必見 たぶん世界に1つしかない寄生虫の博物館 8.8mのサナダムシが見られる

2021/2/15  

目黒寄生虫館は医学博士・亀谷了(かめがい さとる)氏が私財を投入して創設した寄生虫専門の私立博物館です。 場所はJR目黒駅から坂を西へ下り、目黒川を越え、更に大鳥神社を越えた徒歩で約12分のところにあ ...

© 2021 ふじ・ふじブログ