博覧強記

加賀百万石の金沢旅行を楽しむ① 市内観光はバス&施設のフリー券がおすすめ

スポンサーリンク

東京-金沢間の北陸新幹線が開通して ずっと行きたかった街「金沢」

本格的な冬を前に 2泊3日で行ってきました。

「金沢旅行記」第1弾金沢市内での移動手段 バスと市内の文化施設で使えるフリー券を紹介します。

もちろん金沢までは「北陸新幹線 かがやき」に乗車。

東京から2時間30分です。

朝に家を出て、ランチが金沢で食べられる。駅中のお寿司屋さんで金沢メシ。美味しかったぁ。

*金沢市内を巡るたくさんのバス

ホテルの場所にもよるのですが、金沢市内 「観光地を巡るバス」がたくさん走っていて とても便利。

そして 兼六園・金沢城など中心部の観光地はほとんど1乗車100~200円とお値段がリーズナブル。

これを使わない手はありません。

でも JRバス以外 交通系ICカード(Suica、PASMO、ICOCAなど)利用不可でした。100円玉必須です。

周遊バスは観光名所を回って運行しているので安心ですが、路線バスは行き先を間違えると・・・・不安です。

自分たちが訪れたい観光地は計画を立てて 乗るバスをチェックしておくと時間のロスはありません。

ポイント1

観光スポットで繁華街の大通りはどの会社のバスも停留所あり。

ホテルは金沢駅周辺~片町までの国道157号線近くがおすすめ

自分のホテル近くのバス停留所を確認しておく。

私たちは繁華街の「片町」に宿泊 そこを起点に動きました。

 

ポイント2

⓵ 行きは金沢周遊バスで確実に目的地・観光地に着く。
⓶ 帰りは自分のホテル近くの停留所に向かうバスがきたら どの会社のバスでも乗る。

この方法でゆったりと バス時間を気にすることなく美術館や記念館、兼六園など見学ができました。

*アクティブに動くならバス1日乗車券がお得

金沢市内のバスをお得に利用できるバス1日乗車券があります。

金沢市内1日フリー乗車券 おとな600円 こども300円

ただし これはバス車内では買えないので金沢駅前の案内所やサービスセンター、一部ホテルのフロントで買いましょう。

片町はバス停の前に片町サービスセンターがあり、そこでフリー券をゲットしました。

金沢市内の観光名所は ほぼほぼこの周遊券で回れます。(指定エリア外は別途料金)

しかし・・・見学する場所によっては 直に払った方が安い場合もあります。今回 ホテルのある片町出発ですと

【例1】片町→21世紀美術館バス停(200円)→金沢能楽美術館・兼六園・金沢城(徒歩)→片町バス停(200円) 計400円

【例2】片町→長町武家屋敷跡(記念館・資料館など見どころ満載:徒歩)→室生犀星記念館・にし茶屋町(ふらっとバス100円)→片町(ふらっとバス100円)計200円

ふらっとバスはミニバスで、4ルートあります。

見学したい場所や自分の体力とよく相談してから 計画を立てましょう。

金沢城と兼六園のライトアップを観て 帰ろうと思ったら ライトアップバスは1日乗車券では乗れず 別料金でした。(300円) でも ライトアップは絶対見た方がいいですよ~。最高です。

ちなみに バスのフリーパスを掲示すると割引になる文化施設が結構ありました。(30~50円引きなど)

*急遽 予定変更 金沢市文化施設共通観覧券

行きあたりばったりの のんびり旅のようですが、ある程度はまじめに予定を立てる主義の私たち。

しかし 2日目 朝一番で訪れた長町武家屋敷跡にある老舗記念館 受付の方に勧められた「文化施設の共通観覧券」

通常310円の入館料(バスのフリーパス掲示で260円)が1DAY券520円

この券が使える他の施設に この後も行く予定だったので 即購入です。

係の方が文化施設の共通観覧券が利用できるところを黄色いマーカーで線を引いてくれました。

武家屋敷の後は「鈴木大拙館」に向かう予定でしたが、その前に1DAY券が使える「室生犀星記念館」「谷口吉郎・吉生記念金沢建築管」に足を延ばしました。

結果は・・・予定変更してでも行ってよかったです。この券は断然おすすめです。

楽しみにしていた金沢旅行 バスが何台も目の前を通るのに(どっか違うところに乗っていってしまったら・・・)と乗車する勇気がなく見送ったあの時間。

旅先ではもったいなかったです。

これから金沢旅行を計画されている方は ぜひ 参考にしてください。

Nuppe

 

 

 

スポンサーリンク

-博覧強記,

© 2021 ふじ・ふじブログ