博覧強記

ありがとう!石原プロモーション~ありがとう、石原軍団~

スポンサーリンク

石原プロモーションが今年 2021年1月16日に解散しました。

国民的俳優であった石原裕次郎が設立して、渡哲也を筆頭とした石原軍団が活躍した芸能プロダクションです。

石原プロが東京の調布市にあったので、石原プロお別れのイベント「ありがとう!石原プロモーション~ありがとう、石原軍団~」が2月28日まで開かれています。(予約制)

イベント展示

調布たづくり エントランス展示

調布駅から徒歩4分 図書館や会議室、ホールなどがある総合施設です。

河津桜がきれいに咲いていました。

建物に入ると 小さな舞台には映画祭の表彰作品のボードが飾ってありました。

エントランス中央には西部警察で鳩村刑事(舘ひろし)が乗っていたバイク

プロスキーヤー三浦雄一郎の映画「エベレスト大滑降」で使用した特注1600ミリ超望遠レンズのついたカメラが展示されていました。

むらさきホール展示

残念ながら館内は撮影禁止だったので、写真はありません。

「西部警察」や「太陽にほえろ」に使われたピストルやライフル「嵐を呼ぶ男」石原裕次郎が叩いていたドラムセット「黒部の太陽」ヘルメットシングルジャケット、そのほかポスターや衣装など。

私は「太陽にほえろ」くらいからしか覚えていませんが、若いころの石原慎太郎のポスターなどもたくさんありました。

「西部警察」の前に「大都会」というドラマもあったんですね。知りませんでした。

ここだけ写真OKでした。

販売コーナー

私は裕次郎さんのファイルとチケット入れを買いました。

【おまけ】

・以前 調布のお祭りに行ったときに 西部警察の車両の展示を見ました。

こういう特別な展示は地元ならではですよね。石原プロゆかりの品々は、調布の会社で管理されるようなので、コロナが終わって、お祭りイベントがOKになったら ぜひまた見たいです。

・角川大映撮影所のエントランスの大魔神像

角川大映撮影所

・角川大映撮影所の近くにある「調布映画発祥の碑」

森繁久彌さんを筆頭に京マチ子さんや音羽信子さ緒形拳さん もちろん石原裕次郎さんの名前もあります。宝探しみたいです。

調布のあちこちに映画にまつわるものがあるようです。

コロナが落ち着いて、花粉の時期が過ぎたら 他のところも訪れてみたいと思います。

Nuppe

スポンサーリンク

-博覧強記

© 2021 ふじ・ふじブログ