国営ひたち海浜公園へ 青のじゅうたん ネモフィラを満喫

スポンサーリンク

朝の情報番組でGWの話題がされるようになる頃 TV画面いっぱいに映しだされるネモフィラで埋め尽くされた丘

毎年観るたびに(行ってみたい)と思っていましたが・・・初来訪です。

目指すは茨城県にある国営ひたち海浜公園 「みはらしの丘」

「ひたち海浜公園入園券+勝田駅~海浜公園1日フリーきっぷ」がお得

都内からJR常磐線 勝田駅までおよそ3時間半。なかなかの移動時間です。

ネモフィラの見ごろの時期 勝田駅からは 臨時の直通バスが出ています。

そして 2022年4月1日(金)より2023年1月9日(月・祝)まで ひたちなか市より補助が出て

「勝田駅〜海浜公園1日フリーきっぷ」いつもより400円お値打ちとのこと。

*勝田駅〜海浜公園1日フリーきっぷ 390円

*国営ひたち海浜公園入園券付 勝田駅〜海浜公園1日フリーきっぷ 680円

*国営ひたち海浜公園入園券付 勝田駅〜海浜公園1日フリーきっぷ 季節料金期間(ネモフィラ見頃期間中4月16日から5月5日まで) 930円

ネモフィラ見ごろの時期なので「入園券+1日フリーきっぷ(季節料金期間」」を利用します。

 

通常は 東口バス乗り場2番のようですが、繁忙期なので臨時バスの乗車は4番になっているようです。

4番のりばの近くにテントがあり、そこで「入園券+1日フリーきっぷ」を販売していました。

臨時バスは何台か待っているので、慌てなくてもすぐに乗れます。

ひたち海浜公園までは約20分。

駅出発は13時を回っていましたが、公園近くの道路は混んでいました。

広い駐車場が道路の左右に見えます。

臨時バスは西口 翼のゲートに着きます。

帰路もここからバスに乗ります。

ちなみに・・・お時間がある方は、那珂湊おさかな市場で海鮮丼を食べてから ネモフィラを観に行くルートもあります。

ひたちなか海浜鉄道 湊線 那珂湊駅下車(徒歩10分 おさかな市場)→阿字ヶ浦駅→シャトルバスにて海浜公園へ

広いぞ!国営ひたち海浜公園

TVで観ていたネモフィラいっぱいの丘。

それでも(1~2時間でぐるっと見られるはず)・・・と思いきや、広い。

地図を見ると ネモフィラが咲く「みはらしの丘」は公園内のほんの一部。

後で調べたら サイクリングコースや樹林エリアを合わせると公園の開園エリアは191.9ha。

東京ドーム約41個分の面積だとか。

ディズニーランドが東京ドーム10.9個分なので、およそ4倍! 広すぎて比較が複雑になってますね。

まずは今回の目的地「みはらしの丘」を徒歩で目指します。

園内のあちこちにフードエリアがあってにぎわっています。

あちこち園内を見て歩くのも楽しいですね。

でも ちょっとサイクリングが羨ましい・・・・

スタッフさんが写真を撮ってくれる フォトスポットもありました。

ネモフィラのじゅうたんの中を歩いているような「みはらしの丘」

みはらしの丘が近づいてくると 人も多くなってきました。

菜の花はまだ少し咲いていました。

「菜の花の黄色+ネモフィラの青」満開の時期は見応え満点でしょう。

 

ネモフィラ 可愛いお花です。

人がいっぱいで丘を登るのも降りるのもゆっくりでしたが、お花をゆっくり眺めて大満足です。

さ~て この後は広大なひたち海浜公園を「シーサイドトレイン(600円)」で周遊します。

ひと疲れして、まっすぐ帰りたい方は ネモフィアの見ごろ期間だけ「西口翼ゲート⇔みはらしの丘」の直行便トレインもあります。(片道300円)

シーサイドトレインは乗り降り自由

シーサイドトレインの停留所は園内各所にあるのですが、ネモフィラ見ごろの時期は、人が多いので公園の外側を回っています。

今回はみはらしの丘停留所でトレインに乗ったら 砂丘エリアを見たいと思います。

同じことを考える人は多いようで、トレイン乗り場は混んでいました。

何台か乗れずに見送ったので、いろいろなシーサイドトレインを見ることができました。

この他にもうさぎさんが前にいるウッディーなトレインもありましたよ。

みはらしの丘停留所から乗ると 樹林エリアを抜け西口、中央口、遊園地と時計と反対周りで周遊していきます。

ほとんど一周回って 海浜テラスで降りました。

もう この時最終トレインがあと15分ということで(閉園が17時)ダッシュで砂丘&グラスガーデンへ。

海とつながっているように見える池です。

素敵なグラスハウスで 時間があったらゆっくりカフェでくつろぎたかったぁ。

チューリップが素敵な たまごの森フラワーガーデン

シーサイドトレインに乗っていると いろいろな説明をしてくれます。

お花の見ごろやサイクリングロードの事 遊園地のことなどなど。

その中で「現在(ネモフィラの見ごろ)チューリップも見ごろなのでぜひ 見てください。」と西口停留所付近で聞きました。

これは行くしかない。

これは フォトジェニックなこと間違いなし。

お子さんや彼女 可愛いワンちゃんまでチューリップの前でポーズを決めていました。

閉園のアナウンスが流れる中 (まだまだゆっくり見たい)と思いながら西口の臨時バス乗り場へ向かいました。

ここから また帰路4時間。

素敵な花に囲まれて小旅行を楽しんだ疲れなので 心地よく電車で眠ることができました。

Nuppe

 

スポンサーリンク

-

© 2022 ふじ・ふじブログ