電子回路

LTspice:回路のブロック(領域)移動方法

スポンサーリンク

LTspiceではWindowsのアプリケーションで慣れた操作で回路のブロックを移動できません。

ターゲットとなる回路を囲おうと、マウスを左クリックしながら移動させると回路図全体が動いてしまいます。

LTspiceでのブロック移動は一旦、移動したいブロックをコピーし、新しい場所へ移動させてから元の回路を消すことです。

では実際にやってみましょう。

赤い枠で囲んだブロックを移動し、右の赤い〇で囲んだ位置に移動します。

図面上の空白部分で右クリックし、[Edit]→[Duplicate]を選択します。

対象のブロックをマウスで囲みます。

目的の場所にコピーしたブロックを貼り付けます。

最後に移動前のブロックを消去します。

図面上の空白部分で右クリックし、[Edit]→[Delete]を選択します。

対象のブロックをマウスで囲みます。

マウスを離すと対象回路が消去されます。

以上です。

スポンサーリンク

-電子回路

© 2021 ふじ・ふじブログ