電子回路

Eagle CAD:一度配線した線(Wire)を複数まとめて取り消す

スポンサーリンク

Eagle CADで一度配線した線(EagleではWireと呼びます)を複数まとめて取り消す時にRipupボタンを使って移動やコピーのように「Group Ripup」をしようと思ってもできません。そもそもそんな機能が無い。

やり方を以下に記載します。

例題として作成したボード図は、2種の10Pコネクタ同士をパターン接続したものです。

1        配線を全てクリアする場合

1.1         Delete機能を使う

図 1 サンプルボード図

ブロックとして、全領域を囲むと、選択された部分がハイライトになります。

図 2 選択部がハイライト

この状態でボタンを押してから、マウスの右ボタンを押し、「Delete Group」を表示させ、出た表示を押すと、

図 3 Delete Groupを出す

回路図に戻らないと消せない部品があるとのエラーメッセージがでます。

今回の場合は、部品であるコネクターがその対象です。

図 4 Delete Groupを押す

エラーメッセイジにかかわらず「OK」を押すと全ての配線が消え、AirWireに戻ります。

図 5 全てのWireが消える

1.2         Ripup機能を使う

Deleteは簡単な方法ですが、配線以外のホール、外形、寸法も消去されてしまいます。

たいていは、同時に消去されても問題ありませんが、残したい場合はRipupボタンを使います。

図 2の状態でRipupボタンを押し、「ctrl+右クリック」すと、図 5の状態になります。

2        部分的に配線を戻す場合

やることは、全クリアと同じです。

選択対象を部分的にすればOKです。

下図は右半分を選択した時の絵です。

この状態でボタンを押してから、マウスの右ボタンを押し、「Delete Group」を表示させ、でた表示を押すと、

すでに描いた配線が消え、AirWireとなります。

もちろん、Ripupボタンを押し、「ctrl+右クリック」しても同じです。

以上となります。

スポンサーリンク

-電子回路

© 2021 ふじ・ふじブログ