博覧強記

東京街歩き:新渡戸稲造の旧居跡

スポンサーリンク

昔の5千円札で有名な新渡戸稲造の旧居跡地(文京区小日向2-1-30)は地下鉄「江戸川橋」から徒歩7分、「茗荷谷駅」から徒歩10分の民家の密集した高台にあります。

現在その地はマンションの建設中で、反対運動ののぼりや横断幕が掛かっていました。

元の建物の外観がどうであったのか、WEBで検索しても出てきませんので、図書館で調べて分かれば記事に追加する予定です。

1        新渡戸稲造の略歴

転居を中心にして新渡戸の年表を記載します。

江戸から明治、大正、昭和まで生き抜いた方で住居の移動もそれなりにされています。


  • 1862年(文久2年) 0歳

    盛岡藩士新渡戸十次郎の三男として、盛岡で生まれる。


  • 1871年(明治4年) 9歳

    上京し、叔父の太田時敏の養子となり太田稲造と改名。


  • 1875年(明治8年) 13歳

    東京外国語学校英語科(のちの東京英語学校、大学予備門)に入学。


  • 1877年(明治10年) 15歳

    札幌農学校に入学。卒業後北海道庁で上級官吏として働く。


  • 1883年(明治16年) 21歳

    帝国大学(後の東京帝国大学、東京大学)に入学。


  • 1884年(明治17年) 22歳

    「太平洋の架け橋になりたい」とアメリカに私費留学し、ジョンズ・ホプキンス大学に転学。


  • 1887年(明治20年) 25歳

    札幌農学校助教を命ぜられ、ジョンズ・ホプキンス大学を中途退学し、官費でドイツに留学。


  • 1889年(明治22年) 27歳

    長兄七郎の死去により、太田姓から新渡戸姓に戻る。


  • 1891年(明治24年) 29歳

    メリー・エルキントンと結婚し、日本に帰国し札幌農学校に赴任。


  • 1899年頃(明治32年) 37歳

    夫婦とも体調を崩し、農学校を休職して米国西海岸のカリフォルニア州で転地療養した。

    その間に「武士道」を出版。


  • 1901年(明治34年) 39歳

    台湾総督府の技師となり、台湾に赴任。


  • 1903年(明治36年) 41歳

    京都帝国大学法科大学教授となる。


  • 1906年(明治39年) 44歳

    東京帝国大学法科大学教授との兼任で、第一高等学校校長となった。
    その後、東京植民貿易語学校校長、拓殖大学学監、東京女子大学学長などを歴任。


  • 1920年(大正9年) 58歳

    国際連盟設立に際して、教育者で『武士道』の著者として国際的に高名な新渡戸が事務次長の一人に選ばれた。


  • 1926年(大正15年) 64歳

    7年間務めた事務次長を退任した。


  • 1933年(昭和8年) 71歳

    カナダのバンフで開かれた太平洋問題調査会会議終了後 出血性膵臓炎のため死去。


区のH/Pによると、文京区の旧宅跡は、明治37年から没するまで住んだとのことです。

京都帝国大学や国際連盟など東京以外で仕事もしていますので、途中で居なかったこともあったかもしれませんが、新渡戸稲造にとっては、人生で一番長く生活した住居です。

残念ながら、奥さんのメリー・エルキントンとの子どもは夭逝しています。跡を継いだのは養子となった新渡戸孝夫(よしお 1892-1935)と養女となった新渡戸こと(琴子 1890-1985 )です。

二人の長男の新渡戸彰敏(本名:新渡戸誠)が新渡戸家を継いでいます。

しかし、新渡戸彰敏と結婚した武子の間には子供は居なかったようです。

そんな訳で旧宅も維持できなかったのでしょう。

2        新渡戸家

新渡戸家の歴史は、花巻にある「新渡戸記念館」で詳しく知ることができます。


  • 下野国新渡戸あたりに移住

    文治5(1189)年奥州藤原泰衡征伐の際、千葉常胤はその功により源頼朝より下野国新渡戸、高岡、青谷の三郷(今の栃木県)を賜わった。


  • 姓を新渡戸に

    五代後の貞綱の時新渡戸の郷に居城し、その地にちなんで姓を一時千葉から新渡戸と名乗った。


  • 花巻に移住

    慶長3(1598)年に南部利直から年200俵を賜わり、以来安野村(現花巻市高松・矢沢)に居住し、家臣となった。


  • 花巻から移住

    新渡戸家はその後、藩内の下北半島に移り、41代目の傳(つとう)、42代目の十次郎(じゅうじろう)が三本木原(さんぼんぎはら、現在の青森県十和田市)の開拓に従事した。


新渡戸家は由緒ある家系であることが分かります。

しかし、家という概念が崩れた現代では、その家を守るという考えがなく、いくら立派な家系でも無くなってしまう可能性があります。

徳川家ですら無くなってしまう可能性があります。

旧居跡に現代のマンションが建設されるというのはある意味、こうした時代の流れの象徴であるとも考えられます。

スポンサーリンク

-博覧強記

© 2021 ふじ・ふじブログ