ケアンズからキュランダの一日旅行

スポンサーリンク

2019年5月14日の旅行をベースにした記事です。

ケアンズからキュランダに個人で行ってきました。
旅の工程は以下です。典型的なキュランダツアーと同じですね。

出発地 目的地 交通機関 時間
ケアンズ キュランダ キュランダ観光鉄道 2時間
キュランダ レインフォレステーション自然公園 シャトルバス 5分
レインフォレステーション自然公園 キュランダ シャトルバス 5分
キュランダ スミスフィールド スカイレール 1.5~2時間
スミスフィールド ケアンズ シャトルバス 30分位

交通費は下表にまとめました。(2020-6-3現在の料金表を基に作成) パッケージツアーの料金については触れませんが、個人ツアーでは、ホテルと交通機関までのアクセス、キュランダ村での移動、昼食など面倒が伴いますのでそれも含めて楽しめる方であれば、時間に縛られずに自由に楽しめるのでお勧めです。

個人旅行で必要な交通費

費目 1人分料金 (AU$)
キュランダ観光鉄道+スカイレール+バス 133
レインフォレステーション自然公園入場料 52
レインフォレステーション自然公園往復バス代 13
合計 197

1 キュランダ鉄道

旅のスタートはまずケアンズ市内にあるケアンズ駅です。地図のマークのある地点です。グーグルの地図では鉄道が見慣れた白黒または+の連続の印になっていないのでとても分かりにくいですが、中心部から西南にあるショッピングセンター「ケアンズ・セントラル」の西にあります。

ショッピングセンターから見た駅の外観は以下です。

こちらが駅の西側

cairns station

Cited from Kuranda Scenic Railway

ケアンズ駅を出発するのは朝8:30ですが、ショッピングセンター側の1Fにエレベータがあって、そこから2Fに上がると駅の反対側に出られる通路があります。反対側の1Fにある駅の窓口でキュランダ行の切符を買います。座席は全席指定ですので、最後尾の車両を指定しましょう。途中ホースシューベンドと呼ばれる円弧を描いて車両が進む地点がありますので、その時に下の写真のようなシーンを見ることができます。
ホースシューベンドは地図にある最初のヘアピンカーブです。

社内では車掌さんが「写真をお撮りしましょうか?(英語)」と乗客全員に声をかけていましたので、私たちもお願いして撮ってもらいました。景勝地点では、車内放送があります。英語が分からなくても周りのみんながカメラの準備をしだすので大丈夫です。

バロン渓谷では10分間の停車時間がありますので、その間に車外で写真を撮ることができます。

これがキュランダの駅です。ケアンズ駅から約2時間で到着です。


Cited from Kuranda Scenic Railway

2 レインフォレステーション自然公園

キュランダ駅を降りたら、バタフライサンクチュアリー(Butterfly Sanctuary)を目指します。
下に簡単な地図がありますので参考にしてください。無料のシャトルバスが鉄道駅の近くから出ているようですが、
歩いても大したことはありません。下の地図のCoondoo St.沿いに歩いてください。
ここはキュランダの街のメインストリートですので、お店を眺めているうちに着いてしまいます。
通りを抜けると芝生の向こうに、停車しているバスが見えると思います。

Cited from Rain Forestation Nature Park leaflet

レインフォレステーション自然公園に着くと、バスの運転主に紙片を渡されます。
この紙片を、公園のチケット売り場にもって行き、入園料+往復のシャトルバス代を支払います。
入園料は、園内のアトラクションの組み合わせによって料金が異なり、見た目複雑ですので、あらかじめ購入する入園券を決めておいた方がよいです。
公園の見どころは

ココがお勧め

アーミーダック

アボジリニ・パマギリ族のダンスショーとブーメラン、やり投げ体験

ワイルドライフ動物園

ですが、一日かけてキュランダに来たのであれば、全てを含んだ入園券にした方が良いです。
料金表(表の金額は現在は違っているようです)の赤枠のところです。

料金を支払うと、各アトラクションのチケットと下の時間付き園内地図を渡されます。
ぐるりと回って、帰りのバスの時間は14:00または14:30とのこと。
まあ、目安なので、時間に縛られることなく、自由に園内を歩き回りましょう。
と言っても大して広くないので、ほぼ受付のおばさんか書いてくれた通りの時間になります。

 

2.1 アーミーダック

入場して、すぐにアーミーダックに乗れるのでそちらに直行することを勧められました。
動画は下記です。イメージつかめます?   ディズニーランドのジャングルクルーズみたいですね。

2.2 アボリジニのダンスショー

若いお兄さんが恥ずかしそうにやってたのが妙に気になりました。

 

2.3 ワイルドライフパーク

コアラ、ワニ、ウォンバット、ワラビーがいます。

 

3 スカイレール

レインフォレステーション自然公園からの帰りは、またシャトルバスに乗って、来た時と一緒のバタフライサンクチュアリーに戻ります。そこから市内散策してから、鉄道駅のすぐ近くにあるスカイレールの駅に向かいます。

3.1 キュランダの乗り場

さっそく受付で、切符を買いましたが、その時にスカイレールの到着駅から市内までのバスの予約がしてあるのか聞かれました。
「してない」と言うと、ケアンズ行きのバスも時間指定で一緒に取ってくれました。ケアンズのどこへ行きたいのかと質問されたので、とりあえず鉄道駅と答えておきましたが、このバスはどうやらバス停に停車するバスではなく、搭乗者の希望の場所に連れて行ってくれるバスだったようです。

Cited from Skyrail Rainforest Cableway

途中下車できる場所は2か所あります。2か所とも見どころがあるので是非降りて散策してください。

 

3.2 バロン・フォールズ

午前中にキュランダ鉄道から見たバロン渓谷を対岸から見ることができます。
下の写真は地方政府のものをお借りしましたが、こんな景観です。足元が透明になっていて上に立つとぞくっとします。

Cited from Kuranda Visitor Information Centre

3.3 レッドピーク

熱帯雨林を散策することができます。

Cited from Skyrail Rainforest Cableway

3.4 スミスフィールド駅

終着駅はスミスフィールド駅です。ここからバスに乗って約13km先のケアンズに向かいますが、到着が予約したバスの時間より早かったので、スカイレールの切符売り場のおばさんに頼んで、早めのバスに変更してもらうように頼みました。しかしながら、指定した時間のバスは本日運休とのこと。きっとお客さんが少なかったのだと思います。
しかたないのでそこで1時間位待っていました。

バスが来てから運転手さんにお願いして行き先を駅から繁華街の指定スポットに変更してもらいました。あとはバスの運転手さんにお任せです。

Cited from Skyrail Rainforest Cableway

という訳で、無事にケアンズからキュランダの一日ツアーは終了です。
団体ツアーでは、スカイレールの途中下車できるポイントをスルーしてしまうこともあるようです。
ぜひ、ちょっとした冒険を楽しんでください。

ケアンズで参加したサファリツアーはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

-
-

© 2021 ふじ・ふじブログ