電子回路

Eagle CAD:Sheet(シート)を増やして作業、Sheet間の部品コピー、配線接続方法

スポンサーリンク

回路の規模が大きくなると、1つのSheetに回路図が収まり切らなくなります。

そこで、Sheetを増やして複数のSheetで回路図を作成することになります。

今回は、複数のSheetを使って製図するポイントを記載します。

まずは、Sheetの増やし方を記載します。

1        Sheetを増やす方法

メニューから[View]を選び[Design Manager]にチェックを入れ、Design Managerを表示させます。

下図の赤枠の様に[Add Sheet]を選択します。

これで2/2 Sheetが追加されました。

さて、Sheetが増えたところで、Sheet間の部品コピーについて記載します。

本当は、ここが一番書きたかったところです。

2        Sheet間の部品のコピー

Sheet間で部品をコピーしようと、Sheet内で行うコピーと同様にを使って部品を別のSheetにコピーしようとしても、うまくできません。

Sheet間の部品をコピーする時は「Group Copy」を使います。

まずはを使ってコピーする部品を囲みます。

コピーを選択し、マウスの右クリックで「Copy Group」を出し決定すると、

目的の部品が複写されます。

この状態で、下の図の様に目的のSheet(この場合はSheet2/2)を選択し、画面を目的のSheetにし、部品を置きます。

Sheetの移動に「Design Manager」タブでなく、「Sheets」タブを使うと、コピーコマンドが一旦キャンセルされてしまいます。ただ、バッファにはデータが保存されているため、ペーストを使うとバッファに保存されたデータを図面上に配置することが可能です。

3        Sheet間の配線接続

Sheet1/2に配置した抵抗R1と、Sheet2/2に配置された抵抗R2を接続します。

を使って、R1の右にある配線の情報を表示します。

Propertiesが出たら、[Name]を例「TUNAGU」に変更します。

を使って、配線にラベルを付けます

さて次にSheet2/2のR2の右の配線も同一[Name]にしましょう。同じ[Name]にすると、Sheetは異なっていても、同一配線になり、ボード図に反映されます。

を使って変更します。[Place label]に初期状態でチェックが入っているので、そのままOKを押します。

以下の表示が出ますので、[はい(Y)]を押します。

出来上がりです。

スポンサーリンク

-電子回路

© 2021 ふじ・ふじブログ