博覧強記

東京街歩き 天空橋 HANEDA INNOVATION CITY(HICity)を訪れる

スポンサーリンク

ここ 羽田イノベーションシティーは、日本の伝統文化の紹介やライブ会場、ホテルやショッピング・グルメを備えた上に 先端医療センターや研究開発施設も併設された欲張りな複合施設です。OPEN時 TVで自動運転のバスが走り、お仕事ロボットで出会えるイベントなど にぎやかに紹介されていました。

飛行場を利用するときは、1つ前の駅で降りる余裕はないので、今回 散歩もかねて「羽田イノベーションシティ」を訪れました。

・天空橋駅

はじめて降りる駅「天空橋」 昔は「羽田空港駅」だったようですが、空港の移転とともに羽田空港のターミナル駅ができたので「天空橋」と改名したようです。

空港利用のための駅だったから「天空橋」なんて、(銀河鉄道999か、カンパネルラの乗った銀河鉄道のイメージ?!)と思ったのですが、近くの海老取川に架けられた人道橋「天空橋」からの改名です。

今回は京急線を利用したのですが、以前からある駅なので、タイル張りの壁面がちょっとレトロな雰囲気です。

濃紺の壁で、「天空橋」なので、ところどころ星のタイルを使えば ちょっと銀河鉄道ぽいんですけどね。

出口はHICity口

改札を出て進むと すぐに「羽田イノベーションシティ」に向かうエスカレータがありました。

・「羽田イノベーションシティ」は じつは未完成

地上に上がると 急にかっこいい建物が目に飛び込みます。

目の前には駐機場に待機している飛行機が見えます。

展望デッキから見えるのが、国際線のターミナルです。

時節柄、発着はかなり少なかったです。

これは飛行機好きのお子さんは大喜びでしょうね。

あちこちにあるこの箱から音楽が聞こえます。

植栽も日本の盆栽を意識した立派なものがあちこちにありました。

盆栽の後ろにあるお店でランチをいただきました。ぽかぽか陽気で、テラス席でも気持ちよかったです。

レストランは他にもいくつかOPENしていましたが、これからOPEN予定のお店もありました。

・【各施設】

・羽田出島 DEJIMA by1→10

ミックスド・リアリティー(複合現実:現実世界に仮想現実を重ね合わせて体験)を活用した演出をするようですが、お休み中。

・ライブホール「Zepp Haneda(TOKYO)」

立ち見席時には収容人数は 2,925人 のホールです。

・羽田未来サイエンスギャラリー

理化学研究所監修の「ハローマイワールド 私たちは細胞でできている展」をやっていました。

・おすすめ「足湯スカイデッキ」

見晴らしのいいデッキに作られた足湯。ほどよい温かさで 気持ちよくつかりながら飛行機を眺められます。

タオルを持参してくださいね。

今はほとんどお客さんもいなくて、ロボットにも会えませんでしたが、コロナが落ち着けばきっと 飛行機好きの家族連れでにぎやかになるのでしょうね。

ランニング&サイクリングの方々を見かけたので、今は密を避けて お散歩コースとして最適のようです。

スポンサーリンク

-博覧強記

© 2021 ふじ・ふじブログ