博覧強記

渋谷スクランブルスクエアで大河「青天を衝け」の吉沢亮くんイベントに遭遇

スポンサーリンク

所用で都内に出かけた帰り、(もう歩きたくない)と飛び乗ったバスの終点が渋谷駅東口

なかなか渋谷には出向かないから、渋谷に来たからには新しくできたビル「渋谷スクランブルスクエア」で、お茶をしようと寄ってみました。

渋谷スクランブルスクエア

2019年に開業した渋谷駅直結の商業施設です。47階建てで、45・46階には渋谷の街を一望できる「SHIBUYA SKY」があります。

まずは ゆっくりエスカレーターで登りながら 休憩できるお店を探しました。

有名ブランドから若者向けのSHOP、セレクトショップもあります。

レストランフロアーまで行こうと上に上がっていくと、14階はSIBUYA SKYのチケットカウンターがありました。

47階での展望は さぞかし凄いのだろうと思って お値段を見てみると・・・大人¥2000!!

ちょっと お茶をして休憩したいだけの私にはもったいないお値段のため 今回は断念。

すると14階フロアーは、NHKの展示・映像ギャラリー「NHKプラスクロスSHIBUYA」がありました。

NHKプラスクロスSHIBUYA

[さまざまな楽しみや発見を「プラス」し、新たな世界や人と「クロス」する]というコンセプトのデザインロゴで、

「ここに来れば皆さまの暮らしに新たな価値がプラスされ、またこの場やインターネットを通じて双方向の関係が生まれ、NHKと皆さまがクロスする。」そんな場を目指している。過去のイベントでは「チコちゃんに叱られる」や「エール」「紅白歌合戦」の展示もしていたようですね。

【展示中のイベントは大河ドラマ「青天を衝け」展(2021年1/18~2/20まで)】

2月14日から放送開始に合わせてドラマの世界観や人物関連構図、主人公 渋沢栄一を紹介しています。

コロナ対策で人数制限をしているようで、整理券をもらって 予約時間まで待ちます。

待つといっても10分くらいでしたけどね。その間に同じフロアーにカフェを発見。あとで寄ることにします。

入口でパンフレットとポストカードをいただきました。

中には巨大なスクリーンで、主演の吉沢亮君が意気込みを語っています。(撮影不可)

・登場人物の関係図もパネルで紹介。

私的には、徳川斉昭役の竹中直人さんが楽しみです。「秀吉」よかったですよね。あとはペリー役でモーリーさんが出ていて、ペリーの絵に激似だったので配役した人 すごいです。

・特大サイズのメインビジュアル

ポスターになっている吉沢亮君の写真 かっこいいですよね。でも もう1つどちらにしようか迷った素敵な写真があったようです。

2枚目の写真も荒々しくて勢いを感じていいですよね。

・衣装・小道具の展示。サインもありましたが、それは撮影不可でした。

・渋沢栄一の経歴も紹介。

・渋沢栄一の生家「中ん家(なかんち)」をぐるっと360度VR体験でできました。

・ちらっと見えた渋谷の風景も素敵。むかしの渋谷をパネルで紹介していました。

出口で応援メッセージを描いて終了です。

裏面が吉沢亮君のコメントでした。1年間がんばれ~。

日本茶 神楽坂 茶寮

和カフェの「神楽坂 茶寮」神楽坂はもちろん、立川・武蔵小杉・池袋にもあるようです。

渋谷スクランブルスクエア店のおすすめは やっぱり窓の外に広がる渋谷の街並み。窓際の席はカウンター席で少ないので、90分制になって空きを待ちます。

お茶の種類はたくさんあって、私は紅ふうきと栗のパフェを。Kakuyaはケーキとカフェラテをいただきました。

ケーキはアイスもついています。日本茶は急須とポットがついてくるので、自分でお好みの濃さにして何杯も飲めます。私は3杯いただきました。

眼下には渋谷のスクランブル交差点。山手線の電車も見えて、長居したくなる気持ちわかります。

 

【おまけ】

家に帰ってから 吉沢君のポストカードを見ていたら、そういえば・・・。

ありました!大河館やNHK放送センターでもらったポストカードたち。これ いつ・どうやって使ったらいいんでしょうね。

思い付きで入った渋谷スクランブルスクエアでしたが。新番組の大河ドラマ「青天を衝け」の予習もできたし、美味しいパフェとお茶に癒されて満足満足。

調子にのって、帰りに渋谷マークシティストアフライングタイガー・コペンハーゲンに寄ろうと思ったら・・・無い!! いつの間に閉店したの???

渋谷の街は変化が激しくて、運よく素敵なお店の出会いもあれば、いつの間にか行きたかったお店がなくなってることも多いけど 面白いですよね。

気合を入れて また寄ってみます。

Nuppe

 

スポンサーリンク

-博覧強記

© 2021 ふじ・ふじブログ