プログラム

エクセルの散布図にラベルを入れる

スポンサーリンク

エクセルの散布図にラベルを入れる時に毎回悩みます。

使う機会はあまりないかも知れませんが、たまに使う時には毎回といってよいほど悩みます。そんなわけで、絵だけで分かるマニュアルを作成しました。


  • 対象となるテーブルデータ

    今回はエクセルの画面を使って手順を説明します。エクセルのバージョンは2019です。

    まず、対象となる表は下記に示す各大陸の人口と面積の一覧です。


  • データ列だけ選択

    人口と面積の列をマウスで領域指定し、「挿入」タグから[グラフ]メニューの[散布図]をクリックします。


  • ドット表示の散布図を選択

    いろいろなパターンの散布図が選択できますが、ここは左上の点だけの散布図を選択します。すると下の図のように散布図が現れます。


  • データラベルを設定

    次にグラフの右上枠外にある「+」をクリックすると[グラフ要素]のポップアップ画面が現れますので、ここで[データラベル]を選択します、すると各データのドットに面積の数字が表示されます。


  • データラベルの書式選択

    ドットに付加されたどこかの数字を右クリックします。下記のようなメニューが現れますので、ここで[データラベルの書式設定]をクリックします。


  • データラベルの書式エリア表示

    右にデータラベルの書式設定エリアが表示されます。


  • ラベルオプションとラベル表示領域を選択

    [ラベルオプション]の項で[Y値(Y)]のチェックを外します。[引き出し線を表示する(H)]はチェックを外してもよいですが、ドットが集中したところでは、文字が重なり合いますので、文字を移動した場合は、引き出し線があった方が分かりやすいと思います。

    その後、[セルの値()]にチェックを入れると、「データラベルの範囲」のBOXが出ますので、ここで大陸名の記載された赤い資格囲みのアジアから南極大陸までのセルをマウスで選択します。


  • ラベルの初期表示状態

    前の画面で“OK”を押すと、各ドットの上に大陸の名前が表示されます。


  • 外観を整える

    あとは重なったラベルを移動し、軸ラベル、必要に応じてグラフタイトルを挿入すると完成です。


いかがでしたか。次回、上記の工程をマクロで実現したものを公開します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

-プログラム
-, ,

© 2021 ふじ・ふじブログ