保育 博覧強記

池袋で開催 追悼展「ありがとう 絵本作家・田畑精一の歩いた道」行ってきました

スポンサーリンク

子どもが小さかったころ 保育園からいつも借りてきた絵本「おしいれのぼうけん」

絵本作家で挿絵画家の田畑精一(たばたせいいち)さんがお亡くなりになって、1年が経ちました。

先日まで東京 ちひろ美術館で「没後1年 田畑精一『おしいれのぼうけん』展」をやっていたのですが、気づくのが遅く 加えてコロナの緊急事態宣言下で行けませんでした。

あきらめきれずに調べていたら 池袋のギャラリー路草で田畑精一展を行うということで、期間が短かったのですが 行くことができました。

追悼展「ありがとう 絵本作家・田畑精一の歩いた道」

2021年6月24日(木)~29日(火)

会場:ギャラリー路草

ひさびさの池袋です。そして、この「藤久ビル東五号館14階 ギャラリー路草」は初めての訪問です。

入口に機関車の可愛い模型が飾ってありました。

入口の壁には この追悼展の紹介フィルムが掲示されていました。

エレベータで14階まで上がるとギャラリー路草があります。

入場料を払うと、受付のご婦人がお土産をくれました。

「おしいれのぼうけん」の一場面のポストカードと「ロボット・カミィ」の缶バッチです。嬉しい!

館内は写真不可だったので、撮れませんでしたが、大きな「ねずみばぁさん」のイラストがついたタペストリーが入口に飾られていました。

《原画を紹介していた作品》


おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ)


さっちゃんのまほうのて (日本の絵本)


ピカピカ


ひ・み・つ (たばたせいいちの絵本)


さくら (日・中・韓 平和絵本)


ダンプえんちょうやっつけた (絵本・ぼくたちこどもだ)


紙芝居 ロボット・カミイ - ちびぞうのまき -


おとうさん (紙芝居ベストセレクション 第1集)


紙芝居 くれよんさんのけんか (紙芝居 おはなしがいっぱい)


くちのあかないカバヒポポくん (かみしばいにこにこセット)

自分の子どもや仕事でも たくさん読んで楽しんだ絵本や紙芝居がいっぱいでした。

田畑精一さんは共同作品の絵本や紙芝居も多く、(この作品も田畑さんの絵だったのね。)と感心ばかりです。

ビックリしたのが、月刊誌「日本の学童保育」の表紙絵も描かれていたこと。

机の上にずらりと並んだ季節を感じる子どもたちの表紙は、写真に撮って皆さんにお見せしたかったです。

びっくり!丸善池袋店 2021年7月31日に閉店

田畑精一展を見た後 ジュンク堂方面に歩いていきました。

すると「2021年7月31日に閉店 SALL10%off」の文字が目に入ってきました。

ビルの正面にディスプレーされた電車。

OPENの時 この電車見たさに来たのは数年前のことなのに。残念です。

丸善のステーショナリーをのぞいてから 遅めのランチに向かいました。

キッチンABC 池袋東口店 早くて安くてボリューム満点

ジュンク堂隣にある「キッチンABC 池袋東口店」初来店です。

お店の前に列ができていて、2~3人ごとにメニューを渡されて 先に注文です。

私はチキン南蛮Cセット(ハンバーグ付き)¥880、KakuyaはインディアンライスC(チキンカツ付き)¥780をオーダー。

4~5分待つとすぐに料理が出てきました。そして ボリューム満点。

周囲を見ると圧倒的に男子が多い。&若いカップル。

味も美味しくて、がっつりご飯を食べたい時におすすめのお店でした。

いいところ見つけちゃった。西側にもあるようなので、池袋に来る時はチェックですね。

今回「絵本作家・田畑精一」の追悼展を目的に訪れた池袋でしたが、いろいろな発見があり楽しめました。

どの街もSTAYHOMEの間にお店が様変わりしているようなので、コロナが落ち着いたらウインドショッピング楽しみたいと思います。

Nuppe

スポンサーリンク

-保育, 博覧強記

© 2021 ふじ・ふじブログ