保育

赤ちゃんとのふれあい遊び~フェルトでひよこちゃん指人形を作ろう

スポンサーリンク

ねんねが多い赤ちゃんですが、お母さんやお父さんと遊ぶのが大好き。

赤ちゃんとのおうち時間に使える「かわいいひよこの指人形」を作ってみましょう。

*簡単にできるので、乳児さんの保育園に行く実習生さんや保育士さん、看護師さんもぜひ作ってみてくださいね。

ひよこちゃんの指人形を作ろう

【材料の準備】

・黄色のフェルト ・目玉シール ・ゴム紐(今回はマスクのゴムを利用)

・針、糸 ・マジック ・はさみ ・丸シール ・ボンド

フェルトは少し厚めの生地がしっかりしていて良いですよ。

作り方


  • ひよこの形を決める。

    どんなひよこでも可愛いです。イメージは人差し指と中指にはめて、トコトコと歩くように動かせる大きさにします。

    ネットでフリー素材を探してみました。

    イラストを参考にしながら できるだけ丸い形のひよこにしてみました。

    お化けのようになったり、雪だるまになったり・・・「正面を向いたひよこ」はむずかしい。

  • 型紙を作って、鉛筆でフェルトに描く。


  • 線に沿って フェルトを切る。ほかの黄色でくちばしも作る。


  • 目玉シールの大きさを決めて、ボンドで貼る。*シールは取れやすいので、シールの紙を外してからボンドをつけましょう。

    どっちも可愛い~。今回は小さい目にしてみました。くちばしは後ほど貼ります。


  • 丸シールをボンドで貼り、ほっぺをつける。(ほっぺは赤いフェルトやマジックでもOK!)


  • ゴムを輪にして、口ばしの位置の裏に縫い付ける。

    マスクは耳に優しい、太めのゴムがおすすめです。片方で2個分取れます。(もちろん 洗濯済み)

    小さめの輪でも余裕で指2本入ります。指にも優しいゴム紐ですね。

    指1本分に見えますが、2本入りますよ~。


  • ゴムを縫い付けたら 縫い跡を隠すようにフェルトの口ばしをボンドで貼りましょう。

    【完成】

    愛嬌のある顔です。可愛くできました。


赤ちゃん用ひよこちゃん

お母さんが使っていると赤ちゃんが欲しがったり、なめてしまうこともあります。

ボンドでしっかりつけていますが、洗ったり、かじったりするとパーツが取れることもあります。

心配な人や簡単に作りたい人は顔を(マジック・ポスカ)で描きましょう。

ちょっとぽわ~んとした顔ですが、これも可愛いですよね。

遊び方

【うた遊び】

お母さんが指にはめて、赤ちゃんにひよこを見せながら、優しく赤ちゃんに話しかけたり、歌ってあげましょう。

お座りができる赤ちゃんは、お母さんの膝の間に座らせて遊んであげると ひよこちゃんを目で追いやすくなります。

・「かわいいかくれんぼ」・・・♪ひよこがね。おにわで・・・♪歌いながら ひよこが見えるようにぴょこぴょこ動いて、♪だんだん誰がめっかった~♪のところでもう片方の手でひよこを隠して ゆっくり見せます。

・「ゆかいな牧場」日本語訳・・・あちこち楽しくひよこを動かしてみましょう。お座りできるお子さんは一生懸命目で追ってくれますよ。♪チッチッチッ♪に合わせて赤ちゃんの体をあちこち突っつきます。

「さんぽ」「あめふり」など 好きな歌や季節に合った歌 楽しく歌えばなんでも喜んでみてくれますよ。

【手遊び】

ひよこが出てくる手遊びです。どちらも はじめは指にはめたひよこを見せないようにして あとから出すと楽しいです。

・「ころころたまご」

・「まぁるいたまご」この歌は絵本も出ています。絵本を読んでから、ひよこちゃん指人形で遊ぶのもいいですね。


たまごのうた (あかちゃんといっしょ0・1・2)


まあるいたまご (しかけうたえほん)

ひよこちゃん指人形を使って 赤ちゃんといっぱい楽しい時間を過ごしてくださいね。

Nuppe

 

スポンサーリンク

-保育

© 2021 ふじ・ふじブログ