博覧強記

TOKYO2020の写真がいっぱい!日本オリンピックミュージアム 行ってきました

スポンサーリンク

コロナ禍で無観客になってしまったTOKYO2020 オリンピック。

それでもSTAYHOMEの私たちには 興奮と感動と そして心のリフレッシュを与えてくれました。

そんな余韻の中 神宮球場や新国立競技場近くにある「日本オリンピックミュージアム」行ってきました。

アクセス

・東京メトロ銀座線 外苑前駅から徒歩5分

・都営大江戸線 国立競技場駅から徒歩10分

・JR中央線/JR総武線 千駄ヶ谷駅/信濃町駅から徒歩12分

・東京メトロ銀座線/半蔵門線 都営大江戸線青山1丁目駅から徒歩16分

現在 オリンピック・パラリンピック期間は新国立競技場や東京体育館周囲は通行規制を行っている道が多く通れないところもあるので、1番近い外苑前駅を利用しました。

3番出口を出たらスタジアム通りを進んでいきます。

秩父宮ラグビー場や都立青山高校の前を通り ひたすら進んでいきます。

すると 右に神宮球場が現れたころ 左手側に見えるのがジャパンスポーツオリンピックスクエアです。

そのビルにオリンピックミュージアムがあります。

オリンピックミュージアム前にはオリンピックの五輪マークや聖火台のレプリカがあってフォトスポットになっています。

「柔道の父」「日本の体育の父」と呼ばれた加納治五郎先生の銅像もありました。

日本オリンピックミュージアム 入館案内

ミュージアム情報

*料金 一般:500円 シニア(65歳以上)400円 高校生以下無料

*開館時間:10:00~17:00 (最終受付16:00)

*休館日:月曜日(月曜が祝日または休日の場合、翌平日休館)、年末年始及び展示替期間等

オリンピック・パラリンピック期間はイレギュラーに受付ができない時間帯があるので、予約カレンダーでご確認ください。

*入館にはインターネットによる事前予約が必要です。

詳しくは日本オリンピックミュージアムHPをご覧ください。

https://japan-olympicmuseum.jp/jp/

オリンピックミュージアム受付


  • 建物入り口でネット予約時に発行されたQRコードを提示します。

    それがすんだらアルコール消毒と検温です。


  • 受付で入館料を払います。

    現金払いは大丈夫ですが、受付カウンターにしっかり「お支払いはVISAで」と書いてありました。

    オリンピック・パラリンピック期間だけなんでしょうか???

    エレベーターに乗り 2階から見学です。

    館内はフラッシュ利用や動画で無ければ 写真の撮影はOKです。嬉しいです。


オリンピックの歴史が学べる展示や映像がたくさん

まずは歴代の夏冬オリンピックのポスターでお出迎え。

そして 可愛らしいイラストの動画でオリンピックを簡単に紹介です。

*オリンピックの歴史を紹介

いろいろな形のトーチがありました。それぞれのオリンピックの意気込みを感じますね。

1964年東京大会のオリンピック旗とポスターです。

このポスターは夜の国立競技場でストロボ50台を使って撮影されたオリンピック初の写真のポスターだそうです。

1964東京オリンピック ブルーインパルスの五輪マーク きれいです。

リオオリンピックの閉会式で 雨の降る中 フィールドに現れたこの子達

「君が代」がバックに流れて この子達の動きに合わせてシュルシュルと赤い色が〇になって日本国旗になった時「日本凄いじゃん」と嬉しくなったのを思い出します。 スクエアの光のダンスも素敵だったなぁ。もちろん アニメやマリオの登場も盛り上げてくれたし・・・。本番の東京での開会式はどうなるのだろうとワクワクしました。

懐かしく思った方はこちらをどうぞ。NHK 東京2020オリンピック https://sports.nhk.or.jp/olympic/video/5c8c520075ec4990bee343448cf34e77/

IOC(国際オリンピック委員会)の歴代会長です。

ビックリしたのが、IOCの会長職在位が長い! 1894年に「オリンピックを通じて世界平和の実現を」とピエール・ド・クーベルタン男爵が近代オリンピックの設立を提言してから127年。 ギリシャの初代の会長やオリンピック開催に尽力したクーベルタン男爵、次の3代会長が戦争中で在位が長かったのは理解できますが、 戦後の75年間は会長に就いたのが6人。任期20年が2名も。バッハさんは2013年から。いいお仕事なんでしょうね。

「いだてん」で主役になっていた金栗四三(かなくりしそう)さんも展示。

運動靴ではなく「足袋たび」です。地面の感触がほとんどダイレクトでしょうね。

その他に選手たちの凄さが体験できるアトラクションがいろいろありました。

*現在はコロナ予防のため 中止のアトラクションがあります。

1階WELCOME AREAはTOKYO2020展示がいっぱい

今回のオリンピックのメダリストのサイン入り写真がずらりと並んでいます。

お気に入りの競技はズームでパチリ!

お気に入りがあり過ぎて・・・まだまだありますが このへんで。

企画展「Tokyo 2020 Olympic and Paralympic ART展-みんなが描くオリンピック・パラリンピック-」

メモ

”オリンピックと芸術”という視点から東京2020大会にスポットを当て、国内外で活躍するアーティストによる作品、大会開催に向けて子どもたちが描いた作品、アスリートによる作品の展示を通して、“みんなが描くオリンピック、パラリンピック”をご紹介。

「ジョジョの奇妙な冒険」の作者 荒木 飛呂彦さんのポスターです。

「YAWARA」の作者 浦沢直樹さんが描いた、阿部一二三(兄)詩(妹)選手のイラストも展示中です。

オリンピックとパラリンピックのトーチ 違うんですよ。実物を見て確かめてくださいね。

コロナ禍なので「観覧時間は1時間以内で。」と放送が入りますが、興味ある展示が盛りだくさんで1時間はあっという間でした。

オリンピック期間中は予約が取れなかった「日本オリンピックミュージアム」

事前予約で人数を制限しているのでゆったり見学できます。

オリンピックの興奮が冷める前に コロナ対策をきっちりして、お出かけしてみてはどうですか。おすすめですよ。

Nuppe

スポンサーリンク

-博覧強記,

© 2021 ふじ・ふじブログ