生活

あんこが食べたい! なぜ 甘いものが食べたくなるのか

スポンサーリンク

コロナ禍で、STAYHOMEを求められ、外に出る日が少ないと買い物に行くのもおっくうになりますね。

カラダが重くて、家事や仕事もはかどらず 疲れるほど動いていないのに・・・なぜか 甘いものが食べたい。

そんなとき ありませんか?

 

今回は「女性はなぜ 甘いものが食べたくなるのか」素朴な疑問の答えを探しながら、

最近の私(ぬっぺ)のおやつ事情を つらつらと綴りたいと思います。

 

味を感知する味蕾(みらい)とは

味を感知するのは 舌の表面にあるざらざらとした舌乳頭(ぜつにゅうとう)に多く集まっている器官 味蕾(みらい)です。

以前は「甘味は舌の先、苦みは舌の奥」と言われることが多く、私もそう習ったのですが、

現在は「舌全体に味蕾(みらい)はあり、どの味も感知している」と分かっています。

なんと 口の上の部分や風邪になると赤くなる喉のヒダにも味蕾があるんですって!!

味蕾が感知した味を脳まで届けて、「甘いね」「辛いね」「酸っぱいね」など思うのです。

味蕾を作る味細胞は7~10日ほどで入れ替わっていくようです。

味蕾が一番多い時期が、3~5か月頃の赤ちゃん 10歳前後という説もあるので、味が分かって表現できるくらい成長した頃なんでしょうね)

味蕾の数はピークで約10,000個。

加齢とともにピークより半減するといわれるので大人は5~6,000個くらい。

年を取ると 細胞は数が少なくなり衰えるので、伝達が鈍く 味覚が低下するんですね。

「女性は甘いものが好き」これホント?

昔から 「女の人は 甘い物には目がないからね~」と夫婦げんかの仲直りに、ケーキを買っていくシーン ありますよね。

私はクリスマスケーキで痛い目を見てから ケーキ自体を好んで食べないのですが、甘いものが嫌いと言う訳ではないです。

辛いものも好きだけど、甘いものも好きです!

女性が甘いものを欲しくなる要因はいくつかあるようです。

① ホルモンバランスによるもの

・女性らしい体を作るのが 卵巣から分泌されるエストロゲン、このホルモンは血糖値が上がると、快楽物質を脳に出す働きがあります。

甘いものを食べる=しあわせ(快楽) と脳に繰り返し覚えていくのです。

出産や授乳に備えるために エネルギーを蓄えようとDNAに組み込まれているようです。(甘い物=高カロリー)

 

・生理前などプロゲステロンが増えて、血糖値を下げるので、血糖値を上げようと体が甘いものを欲しがる。

プロゲストロンは卵巣の黄体から分泌。エストロゲンと同じ女性ホルモンの1つです。

② 自律神経の乱れによるもの

内臓の働きや代謝、呼吸などをコントロールする自律神経。

精神的ストレスや疲労、温度や湿度、光や音、食生活に寝不足。これらが大きく影響して 自律神経が乱れていきます。

女性の方が ホルモンの関係もあり、より 自律神経が乱れやすく 食欲のコントロールが難しい。

というわけで、「女性は甘いものが好き。」なのです。

うん。甘い物食べたいのは私だけじゃないですね。 イマドキの男子は、パフェもケーキも好きですけどね。

さぁ 食べる言い訳もできたところで、最近のお気に入りをご紹介します。

 

ハマっているスイーツ それは あんこ

昔はそんなに あずき系は好んで買わなかったのですが、アラフィフあたりから つい買い物かごへ入れてしまいます。

ある日の衝動買いスイーツをご紹介しましょう。

①  あずきを使った和菓子

・大福は最近のお気に入り「豆大福」

  • お茶の時間にみんなで分けてます。つぶあんが好きです。目の前にあると「もう1個」となっちゃうので、誰かとシェアーするのが コツですね。

「大判焼き」(今川焼、回転焼き、二重焼き)好き

写真にとる前に食べてしまいました。ごめんなさい。

・アラカルト

近所の大判焼き屋さんで売っているあんこを購入。

*大判焼きのあんこなので、甘すぎずいい感じです。

夏はアイスにトッピングして食べますが、冬はお餅を入れることもあります。

名古屋名物 小倉トーストにしても美味しいですよね。

私は生クリームが苦手なので、バター&あんこで十分です。

②  ついつい食べたい氷菓

・買ったあずきを使って「アイス&あんこ」

  • 間違いない美味しさです。熱伝導率の高いアイススプーンも買っちゃいました。

・夏の定番 かき氷の「宇治金時」ミルクもしくはバニラ入り

  • アイスクリームよりかき氷の方が好きです。

宇治金時に練乳かかって、バニラが乗っていると ベストなんですけどね。

・食べ過ぎに注意! あずき好きにはたまらない 「あすきバー」

  • 固さが良いですね。長くあずきの甘さと、アイスの冷たさが楽しめます。

特価で¥198(税抜き)だったので、子どもの好きなチョコアイスも同時購入しました。

・こちらも 最近お気に入り 「宇治金時バー」

 

*あずき感があります。宇治の味もほどよくて、お風呂上りのおともです。

 

おまけ 

① わらび餅

夏はついつい 買ってしまうわらび餅。粉を買って自分で作ることもあります。

プルルンもっちりの感触が いいんですよね。

 

② 甘納豆

あずきだけではなく甘納豆にも手を出しています。

食べ応えがある「白花」は手が止まりません。

 

③ あん食パン

最近はやりの あずきがパンに練りこまれている食パン いろんな店で売っていますね。

見つけたら 速攻買ってます。カロリー高そうだけど・・・美味しい!!

おまけ

あんこ好きには 読んでいてたまらない おすすめ小説があります。その名も「和菓子のアン」坂木 司著

その続編「アンと青春」

デパ地下の和菓子屋でバイトをしている主人公アンちゃんが、和菓子にからめた謎解きをしていきます。もう次から次から出てくるお菓子の美味しそうなこと。きっと和菓子好きには頭の中にその映像が浮かんでくるはずです。お菓子の知識も得られるうえに ちょっと幸せな気持ちになれる本なので ぜひ読んでみてください。

第2シリーズのあとがきに 作者が「何回かあんこに助けられた」と書いています。「疲れて、おなかが空いて、しばらく立ち上がれない時。冷たい雨の中、疲れと寒さで固まっていた時。「お助けあんこ」が泣きたいほど美味しかった」と。わかる~

 

あとがき

あずき好きになったのは、年齢が上がってきたからだと思って、ここまで書いてきたのですが、以前住んでいた岐阜の地は、中山道沿いで和菓子が発展しており、あちこちに和菓子屋さんがあって、いろんな風流な和菓子をいただきました。くりきんとん栗きんつば水まんじゅうからすみ・・・

Kakuyaもうちの子たちも 和菓子大好きなので、味の記憶が刻まれたのかもしれません。

食べ過ぎに注意して、ボチボチとあずきライフ楽しんでいきます。

関連記事はこちら

あんこ好きにお勧め!! ガストにクリーム&あんこのモーニング

あんこも好きだけど、秋はやっぱり お芋と栗

ぬっぺ/Nuppe

スポンサーリンク

-生活

© 2021 ふじ・ふじブログ