保育

「縁日の出店(屋台)を作ってあそぼう」 ~②お好み焼き屋さん~

スポンサーリンク

対象:2歳~おとな

新型コロナが流行り出し、2020年のイベントはことごとく 中止になってしまいました。

子どもたちが 縁日気分を楽しめるように、

前回の「①やきそば屋さん」に続き、今回は鉄板焼きつながりで、「②お好み焼き屋さん」を作って遊んでみましょう。

焼きそば屋さんや鉄板焼きの備品などは 「親子で工作 縁日の出店(屋台)を作ってあそぼう」 ~①やきそば屋さん~

をご覧ください。

 

鉄板焼き 粉もんの人気メニュー お好み焼きを作る

材料

・丸く切った段ボール ・新聞紙(チラシや広報誌など) ・茶色い紙(紙袋・封筒など)

・色画用紙 ・クレヨン ・

・はさみ ・カッター ・のり ・テープ ・木工用ボンド ・透明ラップ

1 お好み焼きの土台を作る

① おこのみやきの土台となる段ボールを 丸く切ります。

こどもが扱いやすい大きさに 段ボールを丸く切る。

今回は大小2個作ってみます。

コンパスで丸く描くのも良いですが、私は手近にある円形のものを型紙替りにすることが多いです。 職場では・・・・食器類を使うのはやめましょうね。

② 新聞紙をクシャクシャにして 丸い段ボールにのりを塗って貼る。

③ 茶色い紙で包む。(封筒の場合は 開いて郵便番号のマスを内側にして)

裏側は透明テープで留めます。

2 お好み焼きのトッピングをつける

 

・テープ・シール・クレヨンでお好み焼きをトッピングしよう  年齢:2歳~

① クレヨンで焼き目やソースをイメージして、土台に色付けをする。

 

② シール・テープを貼って、具材をトッピングする。

シール台紙(キッチンのシートの台紙など)にマスキングテープやビニールテープなど取りやすい大きさに切って貼っておく。

ポイント

小さなお子さんはシール遊びが大好き。好きな場所に貼らせてあげよう。

裏面に貼りたい子、同じ場所に全部重ねる子 それも楽しい工作です。

テープをめくりにくいときは、テープ端を少し折り曲げたり、利き手じゃない手の甲に付けてあげると 取りやすいです。

・絵具やはさみを使って お好み焼きにトッピングしよう  年齢:はさみを使えるようになった3歳~

① お好み焼きの土台にクレヨンで焼き目をつけ、その上を絵具で塗る。(ソース色:茶色・黒など)

 

今回は乾くと耐水になるアクリル絵の具を使いました。

② はさみを使って、具材用の色画用紙を切る。

 

はさみの使い方は

【はじめてのはさみ】使い方のコツや気をつけたいこと をご覧ください。

 

③ のりやボンドを塗って、色画用紙をトッピングする。

  

・今回は木工用ボンドを使いました。しっかり 色画用紙は付きます。乾くまでに時間がかかります。

・のりでも付きますが、紙が取れやすいので、パラパラとのりの上に乗せた後は、手で押して固定しましょう。

 

3 お好み焼きを ビニールなどで包む。

ままごと遊びは、食べる真似をすることも楽しみの一つです。

ただ こどもは楽しくなると、ついおもちゃでも口をつけてしまいます。

ままごとをして遊んだ後などに 除菌シートで拭けるようビニールでくるんで防水しましょう。

① 幅広の透明テープで包む。

 

 

② 大きいものはこちらの方法 ラップで包み、裏側はテープで留める。

ラップはくっつかない分 少しふかふかしています。 裏面も重なりが大きいので 極力小さめラップで包みましょう。

 

注意

小さいご兄弟が、上の子のおもちゃで遊んでいること良くありますよね。

紙の切れ端やテープを間違って食べた場合 ほとんどがウンチと一緒に出てきますが、中には 口の上にくっついたり、のどに引っかかるケースも。

小さいお子さんが誤飲しないように くれぐれも注意してくださいね。

 

お好み焼きを焼いてみよう 実践

まとめ

こどもはおとなのまねっこが大好きです。

いつもは熱くて触らせてもらえない鉄板も お店屋さんごっこを通して疑似体験ができます。

ぜひ 親子で一緒に工作を楽しんで、出来上がったら縁日気分を味わってくださいね。

ぬっぺ/Nuppe

 

スポンサーリンク

-保育
-

© 2021 ふじ・ふじブログ