生活

長い梅雨や不安な天気の衣類乾燥 部屋干しで活躍する除湿機

スポンサーリンク

みなさんは洗濯するの好きですか?

私は洗って干すのは けっこう好きです。

とくに早朝の気持ちよい空気を吸いながら 鳥の声を聴きながらテラスにいると (今日はいいことが起こりそう♪)とか単純に思うタイプです。

しかし 他の記事でも書きましたが、私は花粉症もち。

3月あたりから5,6月までの花粉の時期 なかなか 気持ちよく外に干せる日がありません。

花粉症については「長い!2月末~7月までの春の花粉症 そして 秋に突入」を読んでください。

 

花粉の時期が終わって 私にとって大切な洗濯物の外干し期間なのに 今年の梅雨は長い!!

そして ちょっと晴れ間があると思っても 風が強い!! 毎朝 どんよりと天気予報を眺めています。

 

さて そんな我が家のお洗濯を助けてくれるのが 衣類乾燥除湿機です。

浴室乾燥機や洗濯用乾燥機も昔はもっていたのですが、転居と共に手放し、3年前から「部屋干し with 衣類乾燥除湿機」です。

これ ホント便利ですよ。

 

実は除湿機は 奥が深い!!私の場合はKakuyaにお任せなので、仕様や方式を聞いても「ふむふむ」とカラ返事しているだけですが、

これから買おうと思っている方が「こんなはずじゃなかったぁ」と後悔しないように 我が家の衣類乾燥除湿機をご紹介します。

 

1 まずは知ってね。衣類乾燥除湿機の方式は3つ

 

1-1 ゼオライト方式・デシカント方式・

【しくみ】乾燥剤(ゼオライト)を使い、水分を集め除湿します。フィルターに吸着した水分はヒーターで暖め、熱交換器で冷やされて水がタンクに貯まります。

【メリット】冬場でも除湿が可能。本体の重量が軽く、コンパクトサイズ。

【デメリット】ヒーターを利用するので、電気をたくさん使う。利用時に室内が暑くなる。

1-2 コンプレッサー方式

【しくみ】エアコンの除湿と同じ方式。コンプレッサーを利用して、室内の湿った空気を冷やして水滴にして水を除去します。

【メリット】気温が高いと除湿能力が高く、室内の温度上昇が抑えられる。消費電力が小さい。

【デメリット)気温が低いと除湿力が 若干落ちる。運転音が大きい。

1-3 ハイブリッド方式(コンプレッサー方式とデシカント方式の合わせ技)

【しくみ】(夏)コンプレッサー方式、(冬)デシカント方式で動きます。

【メリット】1年中快適に利用できる。

【デメリット】サイズが大きい。価格が高め。

 

2 除湿能力で 自分に合った除湿能力を決めよう

2-1 除湿能力とは

1日に取り除ける水の量で表します。除湿能力が高いほど 衣類乾燥などパワーは大ですが、値段も高額になります。

洗濯物をまとめ洗いするなど、部屋干しの衣類量が多い方は ワンランク上の性能がおすすめです。

1日の除湿量 木造住宅での使用 除湿能力 鉄筋住宅での使用 除湿能力
4.5~6.3L 6~8畳未満 13~16畳未満
6.3~8.0L 8~10畳未満 16~20畳未満
8.0~11.0L 10~14畳未満 20~28畳未満
11.0~18.0L 14~18畳未満 28~45畳未満

 

2-2 えっ 除湿能力と タンクの容量とは違うの?!

そう ここがビックリなんです!!

例えば

・A製品 除湿量6.5L/日 タンク容量1.8L

・B製品 除湿量10L/日 タンク容量5.8L

力はあっても タンクがいっぱいになると勝手に止まるんです。

1日での除湿量なので、湿気が多い日はやはり タンク量が大きくないと乾ききらないんです。

3 除湿機購入 我が家の場合

3-1我が家の衣類乾燥機が使いたい条件

まずは、住宅事情も考えながら どんな場面で使うか考えましょう。

・花粉症の時期 2~6月、梅雨や雨の時期に使用したい。

・雨が降っていなければ 極力 テラスで干して、仕上げ乾燥で 除湿機を使いたい。

・東向きの部屋で 除湿機稼働中は締め切ることが出来る。

・鉄筋住宅6畳の部屋で 使いたい。

 

上記の条件から、

①使用する期間が長いことから 省エネも考え、コンプレッサー式

②厚手のスポーツ用品も多いから 除湿能力は10L以上の物が欲しい。

③外出時や夜間に使うことを考え、タンクは大きめが良い。

③お値段は、できれば4万くらいで押さえたい。

3-2除湿機を大型家電ショップに見に行く

各社の製品スペックやお値段のリサーチは、きっちりKakuyaがやってくれているので、私はフンフンと鼻歌交じりでついていくだけ。

商品のディスプレイを見ていて思うのは、大手の電機会社はさわやかなポップがついていて、なんとなく乾きそうな感じがする。

同じラインナップで、容量違いとかズラリと並んでいて、売り場面積を占めている。(お店のウリがよくわかります。)

あっこれ可愛い!! お値段も手ごろだし・・。
いやいや タテのルーバーじゃ 風当たらないところできるでしょう。洗濯物は上に干すこと多いから。
これは? 冷風のモードがあるから エアコン使わないときとか いいんじゃない。

まぁ 湿度なければ少しは涼しいかもだけど、結局 後ろから熱風出るから 部屋の温度は変わらないよ。

これホース付けれるって。 水捨てるの楽だね。

うん 風呂場と脱衣所で使うならいいかもね。うちは脱衣所狭いから この除湿機置いて 洗濯もの干すならタオルくらいになっちゃうよ。
 

ド素人の私がテキトーに思ったことを言ってるだけなので、なんの提案にもならないのですが、電化製品を選ぶのは難しい と言うことはわかりました。

悩んだ末 買ったのは 売り場の片隅にあった 三菱電機の「MJ-180KW-W オープン価格」 

テレビ・掃除機に続いての 三菱製品です。

・希望の予算\40,000以内 (セールだったのと、2年前の型落ち品)

・コンプレッサー方式

・除湿能力(50/60Hz)15.5L/日 / 18L/日

・戸建て住宅(木造) ~19畳 / ~23畳  ・コンクリート集合住宅 ~39畳 /~45畳

・タンク容量 約4.7Lで自動停止 いざとなればホースでも使える。

・スイングルーバーが上部についている。

中でも Kakuyaお気に入りが、全面から見やすいタンク。水がたまる場所をアピールしている窓デザインです。

忙しいと水が溜まっても捨てるのを忘れるから 「溜まってますよ~」って分かり易いのが一番。

だそうです。

お値段とパワー、大型タンクは魅力的だけど、昔の型より新型は改良されているんでしょう?? 
大丈夫! 構造は基本的に変わっていないから 見た目が違っても 使用するのに変わりはないよ。

けっこう いい出会いが出来たようです。

4 使い心地 (あくまで個人の感想です)

 

・大きさはファンヒーターくらい。持ち上げると重いけど、キャスターがついているので移動は楽です。

・上部分にあるスイングファンは やっぱり良かったです。部屋に物干し竿を常設してしまいました。

上にハンガーで干すTシャツなどの衣類、除湿機前に折り畳み式のタオル掛けなど 部屋中のいたるところに干しても乾いています。

まぁ 除湿能力 18Lのハイパワーですからね。

・除湿された水は、洗濯物を片付ける時は そこまで気づけませんが、除湿機が目に入ると水が溜まっているのが分かるので、すぐ捨ててます。

あわただしく生活している人に、‘気づきやすさ’って大切なんですね。

・梅雨の貯まった水分量は凄いですが、満タンになるほどではないです。

・タンクが引き出し式なので、ちょっと持ちにくいけど、ふたは取りやすく 使い勝手はよいです。

・夏場に利用してる時 湿気がない分 稼働中に部屋に入っても それほど蒸し暑さは感じません。温度も2、3度違うくらい。

・音は強にするとけっこうしますが、扇風機の音と同じくらいかな。隣の部屋に行くと聞こえません。

 

【強 モードの時】

 

【弱 モードの時】

 

 まとめ

除湿機の存在は知っていたものの、なかなか買うまでに至らず過ごしていました。

買うことを決めたのは 長引く花粉症と、長梅雨や急な土砂降りが多くなり、洗濯物が気持ちよく乾かないから。

衣類乾燥除湿機 買ってよかったです。洗濯物の生乾きにバイバイです。

そして 最近のあやしい天気予報の日、嵐のような風だったり、急な雲の動きで土砂降りだったり。そんなときも安心して室内干しができています。

様々な製品があるので ご自分のライフプランに合った(お財布事情も)製品を よく吟味して買うことをお勧めします。

ちなみに我が家と同タイプの現行製品はこれです。

(掘り出し物があるといいですね。) ぬっぺ/Nuppe

スポンサーリンク

-生活
-

© 2021 ふじ・ふじブログ