保育 生活

落ち葉で遊ぼう① セロテープの使い方を体験しよう

スポンサーリンク

秋になると 風が吹くたびに どこからともなく落ち葉が飛んできますね。赤や黄色 風が強いと まだまだ緑の落ち葉もあったりして 秋の景色はカラフルでとても楽しいです。

戸外での落ち葉あそびは、カシャカシャと踏んで音を楽しんだり、山になった落ち葉を蹴飛ばしてみたり、パ~っとまいてみたり。ちょっとぐらい寒い日も 体いっぱい使ってポカポカです。

せっかくのきれいな落ち葉たち「持って帰りたい!」と子どもたちは思うはず。

その気持ちをおとなも一緒にたのしみながら、子どもが拾った落ち葉を使い「セロテープで貼る」体験をしてみましょう。

セロテープをご家庭で使い始めるのは 2歳後半から保育園・幼稚園で使い出す3歳が多いと思います。 なかなか短く切れずになが~くなってしまったり、切ろうと思ってグチャっと端がくっついてしまったり・・・と上手に使うのは難しいセロテープ。 あそびの中でたくさん経験して 覚えていきますので、ぜひ おとなが見守りながら楽しく 使い方を教えてあげましょう。

落ち葉の取り扱い注意点

・公園や学校、公共施設など 公的に手入れがされている場所の落ち葉で遊びましょう。

(よそ様の家の葉っぱは、お散歩などで目に付きやすいですが 消毒など薬品散布の時期が分かりません。公的な場所の場合は ある程度の告知がされています。)

・綺麗に見えても 小さなダニなどついている場合もあるので、工作に使う前に軽く除菌シートで拭きましょう。

・枝を折ったり、むやみに葉をむしりとるなど 社会ルールに反することはやめましょう。

1 下準備

1-1 落ち葉を伸ばす

・落ち葉は虫に食われているもの、色が変わりかけの物など いろいろあって、あれこれ拾っているとビニール袋にいっぱいになると思います。

除菌シートで軽く表面を拭いたら、新聞紙や雑誌、キッチンペーパーなどに挟んで 厚手の本を乗せてまっすぐに伸ばしましょう。

今は電話帳も薄いですし、平らな面で重さがあれば ファイルやお盆の上に中身の入ったペットボトルをのせても代用できますよ。

1-2 年齢に合わせたセロテープの使い方 【準備】

【2歳ぐらい】

・慣れるまでは透明のテープは裏表が分かりにくいので、まずはカラーテープ・マスキングテープなど色がついているもので、接着面と表面の違いを覚えます。

①シールの台紙にカラーテープ・マスキングテープを切って貼っておく。

この時 はがしやすいように角を少し折っておくとイイですよ。

 ②お菓子やのりの空き缶などにセロテープを切って貼っておく。

 

【テープを数回経験した3歳くらい~】

・手先が器用になると手で持つタイプのテープ台でも使えますが、まずは少し重さのあるテープ台を準備しましょう。

*セロテープを切るには、右手と左手が違う動きをしてタイミングを合わせて切ります。とくにテープ台の刃を利用して切るためには、圧をかけながら下に引っ張ります。

この時テープを持っている手の手首の動きが大切になってきます。これは何回も練習して 失敗を繰り返しながら覚えていくので、大人にはテープの無駄使いに見えますが、切り方のコツを教えてあげながら優しく見守ってあげてください。

 

重いから足に落とすと危ない事・刃の部分は手で触るとケガをすることをしっかり話してね。

2 テープで落ち葉を貼ろう

2-1 落ち葉ののれん、首飾り

*麻ひもや毛糸、紙テープなどはテープが貼りやすいのでおすすめです。細めの糸などは、貼り方が弱いとスルっと抜けてしまいます。

たくさん作って、部屋の通り道や窓などに貼ると可愛いですよ。

2-2 落ち葉のランチョンマット(+透明ファイル)

①落ち葉や他のシールも貼って、カラフルなランチョンマット

しかし・・・大人が作ると どうも 可愛くならないですよね。

②色鉛筆で絵を描いてから 落ち葉を貼ったランチョンマット

ちょっと 葉っぱが大きかったかな?!

2-3 落ち葉レター

・厚紙をはがきサイズに切って利用する。 ・印刷用はがきを利用する。

文章は宛先側の面 下半分は利用できるので、おじいちゃんやおばぁちゃんにお手紙を書くのもいいですよ。

今回は落ち葉の季節に便乗して、「セロテープの使い方」体験をしてみました。

テープの切り方だけでなく、長さの調節・テープを貼る位置など 経験してみないと分からないことがたくさんあります。

芸術の秋 大人はケガの無いように気をつけながら お子さんの「アート作品」が出来上がるのを見守ってあげてくださいね。

落ち葉で遊ぼう② 葉っぱのこすり絵」もアップされています。




スポンサーリンク

-保育, 生活

© 2021 ふじ・ふじブログ