書籍

博覧強記 書籍

安藤祐介の「本のエンドロール」& カツカレー誕生秘話

2021/12/31  

1        安藤祐介の「本のエンドロール」 電子書籍に押されて売り上げが少しずつ落ちて行く本の出版業界にあって、納期に追われ、トラブル対応で毎日夜遅くまで目まぐるしく業務をこなす印刷会社の営業マ ...

書籍

暴力の人類史(上)スティーブン・ピンカーの あらすじ

2021/12/31  

2ヶ月くらいかかりましたが、スティーブン・ピンカーの暴力の人類史(上)を読み終えましたので、備忘録を兼ねて、要旨をまとめておきたいと思います。 太古から現代にいたるまでの人類の暴力史を見ると、現代人が ...

博覧強記 書籍

謎に包まれた松永弾正久秀という戦国武将

2021/12/31  

戦国時代 織田信長 入京前の機内は三好三人衆・松永久秀が勢力争いを行う混沌とした状態でした。実際、文献を見ても足利将軍家、補佐役で管領の細川家が絡み関係が複雑で一筋縄では理解できない状態でした。 しか ...

博覧強記 書籍 美術館/博物館

東京・青梅の梅を眺めながら吉川英治記念館を訪れる

2021/12/31  

吉川英治賞が決まりましたね。 第6回吉川英治文庫賞 「羽州ぼろ鳶組」シリーズ 全11巻 今村翔吾 第55回吉川英治文学賞 「風よ あらしよ」 村山由佳 第42回吉川英治文学新人賞 「オルタネート」 加 ...

書籍

麒麟は来たのか? 暴力史に見る平和化のプロセス

2021/12/31  

NHK大河「麒麟が来る」は一昨日(2021-02-07)、最終回を迎えてしまいましたが、光秀は、平和時だけに現れる麒麟を呼ぶことができず、天下を制したのは、情報戦に通じた秀吉でした。 最終回に近づくに ...

書籍

NHK大河「麒麟が来る」の結末を占う「本能寺の変」の新説

2021/12/31  

コロナに揺れたNHK大河「麒麟が来る」も残すところあと3回となり、戦国時代最大のミステリーとなっている「本能寺の変」の描き方が最大の関心事になっています。 さて、終盤に向かって、佐々木蔵之介扮する秀吉 ...

史跡 書籍

啄木鳥探偵處(きつつきたんていどころ)・石川啄木と金田一京助

2021/12/31  

小説・啄木鳥探偵處 (創元推理文庫)がアニメ化されて、石川啄木に興味を持った人も多いと思います。 石川啄木が探偵となり、その助手にあの言語学者の金田一京助が登場します。 この設定にまじか! と思ってし ...

書籍

半沢直樹「銀翼のイカロス」の帝国航空と日本航空(JAL)の実際

2021/12/31    

銀翼のイカロスは2013年5月18日から2014年4月5日まで週刊ダイヤモンドに連載された小説です。 小説に出てくるかつて公の航空会社のモデルは言わずと知れた「日本航空」、新政党のモデルは「民主党」で ...

史跡 書籍

東京街歩き:徳川慶喜公屋敷跡

2021/12/31  

「徳川慶喜家の子ども部屋」を読んでから、ぜひ邸宅跡を訪れたいと思っていましたが、この程念願かなって現地に行ってきましたのでここで報告いたします。 2013年11月26日この本の著者・榊原喜佐子さん(慶 ...

書籍

一切なりゆき ~樹木希林のことば~ (文春新書) を読んで

2021/12/31    

3年前 河瀨直美監督 映画「あん」を観ました。 人気の無いどら焼き屋に 美味しい「あん作り」をする樹木希林さんがバイトで雇われる。 とても楽しそうに 生き生きとあん作りをしていく主人公の希林さん。 映 ...

© 2022 ふじ・ふじブログ