日本三大霊場 青森県下北半島 恐山

2022/10/3

恐山は「比叡山」「高野山」とともに日本三大霊場に数えられます。 中心の寺場所は下北半島の中心の山の中、しかもなんと、27万年前にできたカルデラの中のカルデラ湖の畔にあります。 一般観光客が入山できるのは4月のゴールデンウィーク前から11月の終わり迄です。 冬期は管理人2人を残して、僧侶は、むつ市田名部にある本坊・円通寺に下山しているとのことです。   恐山と言えば、死者を呼び出す(口寄せというそうです)「イタコ」のおばあさんですが、いつもお寺に詰めている訳ではなく、春と秋の大祭の時にだけ、普段は ...

ReadMore

青森県下北半島西岸に位置する 仏ヶ浦の奇岩群

2022/9/25

仏ヶ浦(ほとけがうら)は、青森県下北半島西岸に位置する景勝地です。 2020-1-1のNHKスペシャル「三千万年の旅 列島誕生ジオ・ジャパン」では、3000万年前から1500万年前にユーラシア大陸の一部が、パッカーンと分裂して引きちぎられた大陸の断面を示す地形とのことでした。 このTVを見た時から、仏ヶ浦を訪問するのが夢でしたが、2年弱かかりやっと現地に立つことができました。 ツアーで行きましたが、ガイドさんによると仏ヶ浦は恐山に向かう修験者が立ち寄る場所とのこと。 現在は、海路で難無く行けますが、かつて ...

ReadMore

美術館/博物館

青函トンネル本州方基地竜飛で坑道探検

2022/9/27

青函トンネルは1961年(昭和36年)に着工され、今から35年前の1987年(昭和62年)11月 実に26年の歳月と34名の犠牲者をかけて完成しました。 全長は53.85 kmで、完成当時は世界最長でした。(現在はスイスのゴッタルドベーストンネルで57km) 最近、日本の九州と韓国(朝鮮半島)を結ぶ日韓トンネルの話が持ち上がっていますが、その長さは300kmもあり、青函トンネルの難工事を思うと、どう考えても実現可能な話とは思えませんね。 青函トンネル建設の際にはこの場所が本州側の基地として重要な役割を果た ...

ReadMore

本州最北端 青森県の下北半島 大間崎から北海道を望む

2022/9/24

大間のマグロで有名な大間岬は本州最北端の北緯41度32分、東経140度54分に位置しています。 津軽海峡をはさんで、函館市汐首岬までの距離はわずか17.5キロメートル。 現地に行って大間から北海道を望むと、その近さを肌で感じます。 ブラタモリ情報 大間崎を含む下北半島の西海岸(マサカリの刃の部分)はおよそ1500万年前~3000万年前に隆起した大地で、波の浸食を受けがたい硬い珪質泥岩で構成されています。 大間岬にはさまざまな碑が建っています。 1        最北端の碑 はーるばる来たぜ大~間。碑の向こ ...

ReadMore

東北旅 秋田 ホテルサンルート五所川原に泊まる

2022/10/4

今回の旅行は「男鹿・津軽・下北」みちのくの三大半島を巡りました。 東京⇔大能代空港 令和5年2月28日までキャッシュバックキャンペーン 羽田から大館能代空港まで70分の空の旅。 ANAを利用 搭乗口は46サテライトなので バス移動が必要です。 バス乗り場までもちょっと距離があるので、自動運転モビリティサービスの椅子に乗ってちょっとらくちん移動。 乗車してから行き先を入力すると ゆっくりと進んでいきます。 空の旅70分はあっという間です。 大館能代空港に入ると まず「能代役七夕」(能代ねぶながし 灯篭の山車 ...

ReadMore

書籍

永井紗耶子著の「女人入眼」登場人物の関係図

2022/8/29

永井紗耶子著の「女人入眼(にょにんじゅげん)」は直木賞候補の小説で、鎌倉時代の朝廷と鎌倉の権力争いを女性視点で描いたものです。 大河「鎌倉殿の13人」が放送されている時期と偶然か故意か重なって、時代背景が理解しやすいのですが、何せ登場人物が多すぎて関係が分からなくなってしまったので、図を描いてみました。 通常の歴史小説は、武士の戦の物語ですが、今回は女性を中心にした歴史物。 北条と比企の争いの背景にある鎌倉殿の後継を狙う乳母で作り上げた人物関係。 比企が頼朝の乳母の比企尼を核に、鎌倉政権に如何に入り込んで ...

ReadMore

博覧強記

お台場の自由の女神 & ガンダム像

2022/8/28

お台場の自由の女神は、パリ市セーヌ川のシーニュ島に1889年に設置された「自由の女神像」が一時的にお台場のこの場所で移設されたのを契機にして、返還後、フランスで造ったレプリカを再度設置したものです。 2000年からこの場所にあります。 原題: 世界を照らす自由の女神像 1998-1999 「日本におけるフランス年」を記念し、 パリ市セーヌ川のシーニュ(白鳥) 島に1889年に設置された「自由の女神像」が1998年4月より1999年1月までの間、ここお台場海浜公園のこの台座上に移築されました。 シーニュ島設 ...

ReadMore

生活

PayPayからマイナポイント第2弾登録 1分ではできないぞ。

2022/8/27

パソコンでネット検索していると しつこいくらいに画面に現れるネット広告。 2022年6月30日から始まった「マイナポイント 第2弾」広告。 昨年 ¥5000のポイント還元につられ 悪戦苦闘しながら登録して手に入れたマイナンバーカード&マイナポイント その時の奮闘記はコチラ 「マイナポイント登録してみた。 最大5000円の還元のために 難しすぎる」 マイナポイント第2弾 *マイナンバーカードを新規取得(マイナンバーカードを取得済みでマイナポイント第1弾でマイナポイントの申込みをしていないかたを含む。)に対す ...

ReadMore

史跡

修善寺の旅⑤ 伊豆・修善寺温泉歩け歩け隠れた見どころ紹介

2022/8/27

「鎌倉殿の13人」の歴史舞台となった修善寺を訪れました。   さて、今回のルートは駿豆鉄道が発行している下記の地図に従って回りました。 2時間半で回れるところを2日間かけて温泉も楽しみながらゆっくり回ります。 既に、4つブログを出していますので、今回は紹介していない場所をまとめて記事にしました。 過去の記事はこちら 修善寺の旅① 「湯めぐりの宿 修善寺温泉 桂川」に泊まる 修善寺の旅② 伊豆修善寺に幽閉された源頼家にまつわる痕跡探訪 修善寺の旅③ 修禅寺に幽閉され殺された源頼朝の異母兄弟・源範頼 ...

ReadMore

史跡

修善寺の旅④ 伊豆・修善寺温泉施設巡り

2022/8/27

伊豆・修善寺温泉は“修禅寺の寺”を中心に発展しました。 ちなみに、修善寺の中心にあるお寺の「修禅寺」の“ぜん”の漢字は“禅”の文字を使い、地元の人たちは「しゅうぜんじ」と読みます。 そして、温泉街の「修善寺」の“ぜん”の漢字は“善”を当て読みは「しゅぜんじ」と呼びます。 もともとは、山全体も含め、お寺の「修禅寺」だけでしたが、温泉街ができ区別のために「修善寺」が使われだしたとのことです。 しかし、更に遡ると、鎌倉時代初期には”修禅寺”の寺は“修善寺”でしたが、鎌倉時代中期に蘭溪道隆(らんけい どうりゅう) ...

ReadMore