子どももおとなも楽しめる 『めんたいパーク伊豆』

スポンサーリンク

車でお出かけするとき トイレ休憩やお昼をとる場所など旅行の計画にはかかせませんね。

もし あなたが伊豆方面に向かうなら 「かねふくの『めんたいパーク伊豆』」がおすすめです。

(うちは 子どもたちが小さいから 明太子は無理でしょ)と思われるかもしれません。

しかし 「めんたいパーク伊豆」は大人が美味しく明太子を食べるだけでなく、子どもが楽しめる工夫がいっぱいです。

かねふく めんたいパーク伊豆

伊豆縦貫道(無料道路)の函南塚本IC近く、道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」真ん前です。

メモ

【営業時間】年中無休 平日 9:30~17:30 土日祝日 9:00~18:00

【工場稼働時間】9:00~16:30(変更もあり)

氷川きよしさんのパネルがお出迎え。

売店エリアでは、明太子の試食があったり、明太子やかねふくのオリジナル商品がずらりと並んでいます。

まずは工場見学をしました。

1F 明太子について学ぶ「つぶつぶランド」

つぶつぶランドは 楽しい写真スポットがあります。

 

来訪記念に撮っておくと 旅の思い出になりますね。

もちろん 明太子の工場見学も見ることができます。

人の目や手で丁寧に明太子を作っている様子が分かります。

明太子の作り方見学後のランチは 楽しみが増しますね。

1F フードコーナー

う~ん。「鬼盛り!めんたい丼」食べたい。しかし この量の明太子 悪魔のささやきのようで。

以前に愛知県の中部国際空港「セントレア」近くにある「めんたいパークとこなめ」で食べた「めんたいこのおにぎり」が大きくて美味しかったので 今回もおにぎりにしました。

できたてほやほやのおにぎりは 最高に美味しかったです。

お茶や水はフリードリンクで飲めます。

おみやげは やっぱりできたての明太子が1番人気ですね。

2F タラピヨキッズランド

お腹が満たされたら 2階に上がってみましょう。

おとなもこどももしっかりと消毒してから遊びます。

富士山の滑り台フワフワが楽しそうです。

少し大きいお子さんはボルダリングが楽しめます。

キッズランドのすぐ横に授乳室もあります。

2階にも休憩場所があるので、おじいちゃんおばあちゃんはお茶を飲みながら 待つことができます。

1階入り口で迷路のシートがもらえるので、鉛筆やペンを持って行くと遊べますよ。

2F 富士山を見ながら足湯

冬の時期 外は少し寒いですが、運転疲れを癒す足湯はいかがでしょう。

足ふきペーパーが使えるので タオルが無くても大丈夫です。

足湯から見える富士山。

温まったら 椅子に座ってクールダウンもできます。

大人も子供も楽しめる「かねふく めんたいパーク伊豆」

行き帰りの旅の休憩ポイントに ぜひお寄りください。

目の前にある道の駅「伊豆ゲートウェイ函南」は伊豆のお土産もいっぱいです。

隣には「伊豆わさびミュージアム/山本食品」もあります。

こちらも楽しいので 時間に余裕をもった旅の工程を考えてくださいね。

Nuppe

スポンサーリンク

-

© 2022 ふじ・ふじブログ