生活

不用品処分にジモティーを使ってみた

スポンサーリンク

長年住み慣れた単身赴任先の住居を引き払うことになりましたが、転居先の自宅も狭く、持って帰っても保管する場所がないため、大型の家具や電化製品は処分することにしました。

引っ越しの1ヶ月前に市のリサイクルセンターに電話をして、引き取りをお願いしましたが、手数料がかかるので、0円でも持って行ってもらえる人がいたら、その分こちらも助かります。と、いう訳で、最近TVCMをやたら打っているジモティーを使って処分することを思いつきました。

今回の物は全てタダでお譲りするもので、以下の3つです。

シングルベッド、机、電子レンジ

 

結果:机と電子レンジは無事お譲りすることができました。

ベッドは市の粗大ごみの回収にお願いしました。

メモ

家具、家電は、メルカリの様に簡単に発送することができません。引き取り日時を引っ越しの前日に指定したのがネックとなって、引き取りのトラブルも発生しました。また、ジモティーなので同一市内程度近所に住んでいる相手を想像していましたが、意外と遠くから応募してくる人がいることも分かりました。

以下その顛末について記載したいと思います。

1         お譲りする物

1.1        シングルベッド

今は社会人となった子供が使っていたベッドです。大学入学とともにベッド付きの下宿に移ったので、不要となったものを単身赴任先に運んで来ました。長年の使用でマットに染みがついてしまっていたので、染み抜き洗剤を買ってきて布に染み込ませて、上からポンポンと叩いてみました。しかし、染みは全く取れませんでした。木組みがしっかりしているだけにこのマットの染みは非常に残念です。

 

ジモティーに記載したコメント

「引越しのため不要になりました。引き取りに来ていただける方にお譲りします。
古いもののためマットレスにしみがあります。引き渡し日 4/1 全日(できれば午前中)」

1.2        机

スチール製で、分解可能です。ガラストップのためテーブルクロスを敷いて使います。

ジモティーに記載したコメント

「引越しのため不要になりました。4/1に取りに来ていただける方にお譲りします。
骨組みがスチールでトップがガラスです。分解して移動できます。天面 120X60 高さ 72 です。 」

1.3        電子レンジ

2001年製で、今では珍しいターンテーブル仕様です。

市のリサイクルセンターからは、粗大ごみの日に出しておけば、無料で処分いただけるとのことでした。

 

ジモティーへ記載したコメント

「引越しのため不要になりました。4/1午前中に引き取りにきていただける方に差し上げます。 シャープのRE-T12 。ターンテーブルで温めだけです。」

写真とコメントを見ての通り、どの物もそれなりに年期が入って、まあ、捨てるのが妥当というものばかりで、こんなものをもらってくれる人がいるのかしらと、半分いぶかりながら、ジモティーに出品してみました。

慣れない作業なので、一品一品時間をかけて出品してゆきます。

2         以下は取引の詳細です

2.1        まずは、大物であるベッドから

 

2020年3月20日 12:36 掲載

→12:40 Aさんから最初の打診あり

→12:52 Bさんから打診あり

→18:09 Cさんから打診あり

 

最初の打診が、投稿から4分で、写真の出来が悪かったので、もう一度取り直そうかと思っていた時なので正直驚きました。

 

すくさま、お譲りする旨返信し、「了解」の返事。引き渡し方法を決めるべく、送信しましたが、それから丸一日連絡なし、こちらの投稿は既読になっているので、反応のない理由が分かりません。

 

「今日中に引き取り方法を決定したい」と再度投稿したら

「今日は引き取りできません」との返信あり。む、むっ、こちらの意図が理解されてないみたい。

 

とりあえずAさんはお断りし、Bさんと交渉に入りました。

 

「いかがでしょうか」の送信に対して、既読はつくものの呼べど答えず。

Bさんもダメだ~。

 

最後の望みをかけてCさんに打診。ジモティーのニックネームを見ても明らかに、海外の人。文章がたどたどしい。 4/1の引き取りでだいじょうぶとの返信をもらいました。この時点で詳しい住所を送ったところ、反応が全くなくなってしまいました。2日たってからお断りのメッセージを投稿しました。

 

これでベッドについては打ち切りです。再投稿するとまた、反応があるのかも知れませんか、はっきり言って疲れました。「承諾」後、引き取り場所と時間を決める段になって、返信が来ないのはどうなのでしょうか。輸送方法とかをちゃんと考えて承諾しているのでしょうか。最初の返信は勢いで返信しているとしか思えません。

 

2.2        次は、電子レンジです。

 

2020年3月23日 18:14 掲載

→23:09 Dさんから最初の打診あり

→3/24 9:36 Eさんから打診あり

→3/25 6:38 Fさんから打診あり

 

Dさんには、引き渡し日時を打診しましたが、その後一日半返信がありませんでした。

最後の返信は「他に取引を終えてしまったのでまたの機会に」とのこと。こちらの製品を押さえておきながら、他のものも並行して取引していた様子です。

気を取り直してEさんに打診しました。こちらはすんなりと応諾の返事。礼儀正しい文章が帰って来るので安心です。当日も時間通りに受け取りに来てくれました。

 

2.3        最後は、大問題のあった机です

2020年3月20日 13:36掲載

→13:40 Gさんから打診あり

 

Gさんについてはあっさりと決まりました。4/1 17:00-18:00が引き渡しの日時です。

顔写真を見ても明らかに海外の人です。

 

さて問題の4/1ですが、待てど暮らせどGさんはあらわれません。

19:00に、どうしたのかメッセージを投稿し、近所の飲み屋で飲んでいたところ

21:20頃「忘れていました」との返信。

仕方ないので、「明日にしましょう」と送信したところ、

「仕事があるので無理。今晩取りに行きます。時間は20:30」このこと。

その時点で21:30でしたので。変だと思いながら、

「21:30ですね」と送信して、すくに自分のマンションに向かいました。

 

マンションにつきましたが、果たしてGさんはいない。

「いませんよ」と送信すると、

 

「ごめんなさい。22:30. 間違いを犯した」

「私は時間について混乱しています。夜の10時30分は20:30だと思った」

「ごめんなさい。私はそこに行く途中です。」

と、矢継ぎ早の返信。

 

はぁ、と思いましたが、ここまで来たら仕方がない、ちゃんと持って行ってもらうしかないのです。Gさんが来るまで、マンションで待ちました。

Gさんは22:30本人の予定どおり、マンションに姿を見せました。疲れていたので、かなりぞんざいな受け答えになっていたかもしれません。娘さんを乗せて来ていました。この子の勉強机なんだなと思いました。

と、いう訳で、一番簡単に決まった机の処分に一番時間がかかりました。

使ってみた感想

●相手は見ず知らずの人ですので、なかなか自分の思ったようにことが運ばないケースが多く、ヤキモキします。

●古いものをもらってくれるのは海外の人も結構いるようで、文章がたどたどしく心配になります。

●せっかちな人には向いていません。

こんなことなら、市のリサイクルセンターにお金を払って処分してもらった方が良かったとも思いましたが、使えるものを捨てちゃうのは忍びないです。寿命を迎えるまで、私の道具も誰かに使っていただけるととてもうれしいです。

Kakuya

スポンサーリンク

-生活
-,

© 2021 ふじ・ふじブログ