保育

秋のお散歩 ハイハイやあんよの赤ちゃん&1歳2歳のお子さんの服装

スポンサーリンク

夏が過ぎて涼しくなると 少しずつお出かけしたくなりますよね。

とくに赤ちゃんがいる家庭では、 夏の暑さのせいだけでなくコロナの影響で 冬・春・夏とSTAYHOMEの日々だったでしょう。

外遊びやお出かけの際のコロナ対策については「新型コロナウィルス禍 赤ちゃんをどう守るか。」に詳しく書いてあるのでご覧ください。

今回は元気いっぱいお外で遊びたい赤ちゃんや幼児さんの「秋の遊び着の選び方」をご紹介します。

 

1 お散歩や外遊びの時の服装選び 気をつけたいポイント

1-1 装飾やポケットは少な目がいい

赤ちゃんや幼児さんは視野がまだ狭いです。ほとんどまっすぐ前しか見えていないと思った方が良いです。

赤ちゃんは自分の行きたい目標に ただひたすら向かって進んでいきます。周りに何があるかなんてお構いなし。とくに子どもは狭い場所や低い場所を好んで入っていきます。

そんな時 服の飾りひもやパーカーのフード、ポケットが遊具の突起物や枝に引っかかって転んだり、襟元が縛られて息が苦しくなって事故が起こることがあります。

ケガや事故にあわないように 外遊びの服は、装飾やポケット、ひもなどができるだけついていないものがおすすめです。

また おしゃれが好きな1・2歳くらいの女の子は首にネックレスをしたり、ポシェットをかけたりすることもあるとおもいますが、これも 遊具に引っかかる原因になりますので 遊ぶ時は保護者が必ず預かりましょう。

保育園でも園庭で遊ぶ時は バッグ・園で作ったペンダントなど外すように声掛けをします。フード付きの服を禁止している園もあります。

こどもの視野についてはこちら 「赤ちゃんのいる生活 ヒヤリ・ハッとしないために 危険を知って対策しよう①」

1-2 服の生地はゴワゴワしない、動きやすい素材がおすすめ

涼しくなってくると、(子どもが風邪をひいてしまうのでは)と心配して、厚手の服を何枚も着て、顔を真っ赤にして遊んでいるお子さんを見かけます。

ねんねの頃の赤ちゃんは、体温調整がまだ未熟ですが、動きが活発になる1歳近くの子は 体温も上昇して大人より1枚少な目でも大丈夫です。

汗もかきやすいので、背中に手を入れて汗をかいていたら こまめに拭いてあげて、1枚上着を脱がしてあげましょう。

赤ちゃんの服の調整 基本は「薄手の服を重ね着して状況に合わせて減らす」です。服の素材は汗を吸いやすい綿が入った生地がおすすめ。上から砂場着を着るなら 中は綿のロンパースでも十分でしょう。

固いデニムのズボンや、汗を吸わないフワフワ・モコモコの服などは遊び着には不向きです。

また 小さな子どもは 足の裏や手のひらで体温調整しているので、「足つきのカバーオールやロンパース」は、熱の逃げ場が無くなります。靴下で調整できるようにしましょう。

子どもの足の発達にも 裸足や靴の選び方は大切ですよ。

子どもの足についてはこちら 「足の発達を知って、楽しく・無理なく赤ちゃんの足を育てよう」

1-3 遊ぶ時の上着選び

気持ちよい気温の時は、長袖にズボン下着の上につなぎやロンパースで十分ですが、少し寒い日は、公園に行くまでの道中など上着が必要になります。

ベビーカーにおとなしく乗っている子は、ひざ掛けやポンチョ・カーディガンも良いでしょう。

手をつないで自分で歩いていく子にお勧めなのが、ベスト。脱ぎ着しやすく、脇や肩の動きも楽です。

子どもは汗をかきやすいですが、周囲の温度にも体温が左右されやすいです。体を冷やさないためには、大切な臓器の集まるお腹や背中を保温することが大切です。

その点 ベストやチョッキは最適ですね。

2 おすすめの遊び着

2-1 砂場で大活躍の服

動きやすいインナーとあわせて着るととっても重宝します。とくに 帰宅時 砂の持ち帰りが少なくて済みますよ。

こぐまちゃんお砂場着  プレイウエア 遊び着

キッズプレイウェア  クッカヒッポ アニマル お砂場着

プレイウェア もりいろのぴゅう 砂場 キャンプ スモック

2-2 とっても便利(スモック)

スモック エプロン

スモック 子供用 長袖 防水 エプロン 遊び着

長袖スモック(ネイビー無地・星)

我が子は厚地のスモックを冬に着ていました。玄関に置いてあり、外遊びでも上着いらずでしたよ。

2-3 上着

ベスト ダウン 秋冬 中綿 ベビー ジャケット

通学通園 ベスト

ボーイズ 男の子 ベスト

女の子 秋冬 ベビー服 暖かい 防寒 ダウンコート

2-4 帽子

帽子を嫌がる子も多いでしょう。帽子は、遊んでいるお子さんの頭の保護にもなり、防寒にも役立ちます。また 目立つ色の帽子は、走るのが好きなお子さんを追いかける目印になりますよ。

やわらか どんぐり帽子

赤ちゃん ドット ベースボールキャップ

赤ちゃん 帽子

ベビー ニット クラウン 王冠

うちの子は元気いっぱい走り回る子で、いつも オレンジのキャップをかぶっていました。スキー場ではピカチューの耳当て付き帽子で、ゲレンデでも探しやすかったですね。

まとめ

今回はお散歩や外遊びを安全に楽しめるように、「秋の遊び着」選びのポイントを紹介しました。

お散歩は子どもたちにとって、楽しみがいっぱいです。どんぐりや石を拾ったり、近所の犬に会ったり、花壇のお花やかわいいドア飾りを見つけるのも楽しいです。

せっかくの子供との時間です。ぜひ おとなも季節を感じながらお散歩して、お子さんといろんな発見を楽しみましょう。きっと リフレッシュできますよ。

そして 帰宅後は、うがい手洗いを忘れずに行ってくださいね。

ぬっぺ/Nuppe


スポンサーリンク

-保育

© 2021 ふじ・ふじブログ