保育

簡単! 可愛い! 折り紙でいもむし(あおむし)を作ろう

スポンサーリンク

対象:小学生~おとな

 

作り方を覚えておけば、あとは同じ繰り返し作業。

出来上がった作品はメッセージカードに付けたり、お子さんと遊ぶのにぴったりです。

私は工作全般好きですが、折り紙に関しては とても上手な方々が多いので、あまり凝ったものは作れません。

仕事で伺う児童館や福祉センターには たいてい 手の込んだ折り紙作品が飾ってあり、施設の利用者グループのお姉さまたちが作ってくださってます。私は感心するばかりです。

「ボケ防止よ~」なんて明るくおっしゃる方がほとんど。

 

そんな私に ファミサポの会員さんが宿題をくれました。

この折り紙 貰ったんだけど、作り方教えて。分解すると元に戻せないし・・・

私「むむむ 折ったことないけど、あおむし 動いておもしろい。」

というわけで、調べてみました。

 

1.いもむしの色を決めて、材料を選ぼう。

調べてみると、胴体の部分はヘビの折り方を応用していました。

日本折紙協会の雑誌では 可愛い蛇ちゃんとして登場。作品名は「にょろにょろ」

作者は不明のようです。

東京おりがみミュージアム行ってみたいなぁ

 

私は家にあるもので作るので、孵化したらどんな蝶になるのかわかりませんが、

有名なあおむしにしたければ、緑を基調に折り紙を選ぶとよいです。

 

【今回 折り紙用に選んだ紙】

 

今は100均でステキな柄が買えるので、子どもたちには良いですよね。

旅行先で見つけました。ステキな色合いと手触りです。紙もしっかりしています。

大好きな和菓子屋さんの包装紙です。素敵な柄や色の紙はついつい取っておきたくなります。

今回は7.5㎝の正方形にカットしました。(通常の折り紙 1/4サイズ)

 

2.基本パーツの折り方を覚えよう。

①まずは三角に2回折り 内側に対角線を付けます。

 

②中心に向かい両角を折ります。
③谷折りをして 台形を作ります。

 

④右の角を織り上げます。
⑤裏側も同じように織り上げます。

裁縫の糸切りばさみのようですね。
⑥先の部分に爪を作ります。

注:少ないと 可動域が広がりますが、外れやすいです。

⑦これは、右角を折り上げたパーツと

左折り上げのパーツを交互に組み合わせます。

ここが慣れるまで難しい~

今回は 右上げパーツ5個+左上げパーツ4個=9個で胴体を作りました。

注:顔を付ける最後の1枚は爪を作らない方が顏パーツの糊付けが楽です。

全部繋げるとこんな感じになります。

 

伸び縮みが可愛い~

 

3.胴体に顔を付けてみよう。

顔はお好みです。有名なあおむしにしたい時は、赤ら顔ですね。笑

 

応用

・カードにちょっと添えてみる。

・カバンに1個入れといて、暇そうなお子さんと遊んでみる。

・海外に旅行の際 チップと共に置く などなど

 

 

いもむしの収納ポケット付き リンゴです。

(私にこの折紙の宿題をくれたTさんにはカード付きで送りました。 とても喜んでくれました。)よかった よかった。

 

参考

*なぜか、左向きに つい作ってしまう。 「縦書きの本は右→左に読んでいくから。」とか 「食卓に並べる魚は左向きだから 刷り込まれた。」 とか「右利きが多く、頭から描いていくと左向きになる」 などなど諸説ありますが、カードを自分で作るときは 向きにも気を付けてくださいね。(私は何度もリンゴの窓が逆でした。笑)

【おまけ】

後日 プレゼントに添える機会があり 再度作ってみました。

今回は「目玉シール」を利用しています。表情が出て可愛く仕上がりました。

やはり 折り紙は楽しいですね。

ワクワクして、時間があっという間に過ぎます。みなさんもぜひチャレンジしてくださいね。 ぬっぺ/Nuppe

 

スポンサーリンク

-保育
-,

© 2021 ふじ・ふじブログ