保育 生活

正月飾り② 飾って。遊んで。手作り羽子板

スポンサーリンク

新年に向けた準備は 進んでいますか?!

前回は正月飾りと言えばコレということで 「お正月飾り① 昔の年賀状を利用して、しめ縄風リースを作ろう」を紹介しました。

さて 今回は正月に飾ることもできるけど、せっかくの家族団らんのお正月。子どもたちと羽子板を作って、飾って、一緒に遊びましょう!!

年末は大掃除で忙しいでしょうけれど、お部屋を片付けながら工作に使えるものは集めておきましょうね。

【材料】

・空き箱(できれば 和の柄のものが◎、牛乳パックでも可) ・折り紙 ・古い年賀状 ・シール ・そのほか和テイストなら何でも〇

工作のポイント

・お子さんの年齢に合わせて、しっかりと下準備をしましょう。

・お子さんの動きは衝動的で、予測がつきません。ハサミ・カッターを使う場合は、小学生でも大人の監視下で利用しましょう。

小さい子と作る場合は、危険な道具利用は大人のみ。お子さんが手を出さない条件のもとに使いましょう。

・お子さんの皮膚は薄いです。刃物や紙や段ボールの切り口には十分に気をつけて、危ない箇所は対策を取りましょう。

・工作に正解はありません。好きなように描き、好きなように作らせてあげましょう。

・一緒に遊ぶ時は、大人も子供も童心に帰って楽しんでください。ただし・・・ケンカはしないように。

羽子板作り

1 土台になる羽子板を作る

羽子板


  • step.1

    ① 空き箱を開いて、羽子板の形に下書きする。

    かりんとうの箱が良い固さの段ボールでした。柄も良い!!

    折り目が入るけど、この大きさで作ります。

    1つ作ると、それを型にしてもう一つもすぐにできますね。


  • step.2

    ② 芯にする割りばしをつける。

    小さい羽子板ならアイスのへらでも大丈夫かもしれませんが、小学生や大人も一緒に遊ぶのなら このくらいの長さは必要ですね。

    これは全体の長さ23㎝、持ち手の長さ5㎝です。ただ・・・空き箱の大きさ次第なんですけどね。

    これは段ボール素材だったので木工用ボンドで留めました。ツルっとしたビニール加工の時はセメダインや両面テープの方が付きが良いかもしれません。


  • step.3

    ③ 重ねる裏側は厚みがある分を考えてカットする。

    裏面を少し大きめにしてあります。箱の取れる部分が 穴のところしかなかったです。

    別の段ボールと組み合わせればよいだけの話ですけど・・・ね。

  • step.4

    ④ そのまま裏表を合わせても良いですが、隙間が多くなると取れやすいので、段ボールの捨てる部分を切って貼りました。

    1組(2つ分)なので、1箱の使える部分が少ない! 紙素材は目があるので タテ目にすると折れにくいですよ。

  • step.5

    ⑤ 裏表面を合わせて、 段ボールの端で手を切らないようにビニールテープで保護します。(ボンドと両面テープで頑丈に付けています。)

    そのあと 角は落としてアールをつけましょう。(羽子板で遊ぶ時 振り回すので尖った部分は危険です。)



  • step.6

    ⑥ 持ち手の部分をテープで巻いて、羽子板は完成です。

    このままでも遊べるし、じゅうぶん可愛いですよね。箱の柄のおかげです。

2 羽子板の飾りを準備する

今回はお正月の飾って可愛い「羽子板飾り」を作りたいので、よく見かけるお人形のような少し厚みをつけたいと思います。

① 折り紙で飾りを作る。

羽子板自体がそんなに大きくないので、だるまを作ってみました。アマビエちゃんもいます。

蛇腹折(じゃばらおり)を使って、扇や蝶、お花も出来ます。

葉っぱや獅子舞も作りました。そのほかの飾りは「お正月飾り① 昔の年賀状を利用して、しめ縄風リースを作ろう」に紹介してますので、参考にしてください。

折り紙が好きな人はいろいろ作ってみてくださいね。ただ、あとで「羽根つき」をするので、つぶれにくい作品でお願いします。

3 羽子板に飾りをつける

羽子板の上に準備した飾りを並べてみましょう。構図が決まったら両面テープやボンドなどでしっかりとつけます。

アマビエ羽子板

完成です!!赤いひもを結ぶだけで どことなくめでたい雰囲気が出ますね。

【おまけ】実は・・・お友だちの小学生の女の子が「鬼滅の刃」の折り紙を教えてくれたので、こちらも作ってみました。

鬼滅の刃羽子板

流行りに乗ってしまったけど、着物姿の炭治郎や禰豆子(ねの漢字が出ない)は、羽子板飾りにはピッタリでした。

作った羽子板で「羽根つき」をしよう

こどもの視野範囲は大人よりも狭いです。そして、手に羽子板を持っているので、なかなか羽を打つことは難しいでしょう。

まずは練習として、自分の手で羽を打つことから始めてみましょう。

【小さい子向け】

・当たっても痛くない、スローな動きの「ビニール袋」

大きい子たちに交じって小さい子も羽根つきに参加できて 楽しめます。

・空気を入れる前に「お絵かき」を楽しんでもいいです。

油性マジックを使うので、シンプルな絵がいいかも。

【大きい子向け】

・こちらも当たっても痛くない、アルミホイルと折り紙で作りました。

けっこう跳ぶんですよ。

コロナ禍のいま 年末年始もおうち時間が多いと思います。

ゲームやTVもいいけれど おとなとゆっくり一緒にいられるお正月だからこそ 子どもたちに日本の伝統的な遊びも経験させてあげて欲しいです。

ただし ほろ酔い気分で参戦してケガをしないようにしてくださいね。




スポンサーリンク

-保育, 生活

© 2021 ふじ・ふじブログ