書籍

書籍

日本株高配当投資

2021/12/31  

この何十年かで、株価が大きく上がったアメリカ株に比較して、日本株は未だ32年前の1989年12月29日に記録した日経平均株価の史上最高値38,957円を超えられないままでいます。 コロナ禍による株価下 ...

書籍

「おうちトレードで憶り人!」(宝島社)で銘柄選別

2021/12/31  

「おうちトレードで憶り人!」は、“憶り人” となった5人の5者5様のトレード方法が紹介されています。 その中で、今亀庵先生の「小型成長株への集中投資銘柄選び」の方法は、従来の考え方にPEGレシオ(ペグ ...

書籍

暴力の人類史(下)スティーブン・ピンカーの あらすじ

2021/12/31  

前回、上巻の内容を報告しましたが、今回は下巻を読み切りましたので、備忘録も兼ねてここで報告しようと思います。 暴力の人類史 下 前回の報告はこちら 暴力の人類史(上)スティーブン・ピンカーの あらすじ ...

史跡 書籍

直木賞・西條奈加「心淋し川」に登場する寺社は江戸時代から変わらず

2021/12/31  

第164回直木賞を受賞した西條奈加「心淋し川(うらさびしがわ)」は、江戸・千駄木町の一角にある架空の町「心町(うらまち)」の六兵衛長屋で暮らす人々の“そこに生きる姿”を描いた6連作の短編集です。 華や ...

博覧強記 書籍

安藤祐介の「本のエンドロール」& カツカレー誕生秘話

2021/12/31  

1        安藤祐介の「本のエンドロール」 電子書籍に押されて売り上げが少しずつ落ちて行く本の出版業界にあって、納期に追われ、トラブル対応で毎日夜遅くまで目まぐるしく業務をこなす印刷会社の営業マ ...

書籍

暴力の人類史(上)スティーブン・ピンカーの あらすじ

2021/12/31  

2ヶ月くらいかかりましたが、スティーブン・ピンカーの暴力の人類史(上)を読み終えましたので、備忘録を兼ねて、要旨をまとめておきたいと思います。 太古から現代にいたるまでの人類の暴力史を見ると、現代人が ...

博覧強記 書籍

謎に包まれた松永弾正久秀という戦国武将

2021/12/31  

戦国時代 織田信長 入京前の機内は三好三人衆・松永久秀が勢力争いを行う混沌とした状態でした。実際、文献を見ても足利将軍家、補佐役で管領の細川家が絡み関係が複雑で一筋縄では理解できない状態でした。 しか ...

博覧強記 書籍 美術館/博物館

東京・青梅の梅を眺めながら吉川英治記念館を訪れる

2021/12/31  

吉川英治賞が決まりましたね。 第6回吉川英治文庫賞 「羽州ぼろ鳶組」シリーズ 全11巻 今村翔吾 第55回吉川英治文学賞 「風よ あらしよ」 村山由佳 第42回吉川英治文学新人賞 「オルタネート」 加 ...

書籍

麒麟は来たのか? 暴力史に見る平和化のプロセス

2021/12/31  

NHK大河「麒麟が来る」は一昨日(2021-02-07)、最終回を迎えてしまいましたが、光秀は、平和時だけに現れる麒麟を呼ぶことができず、天下を制したのは、情報戦に通じた秀吉でした。 最終回に近づくに ...

書籍

NHK大河「麒麟が来る」の結末を占う「本能寺の変」の新説

2021/12/31  

コロナに揺れたNHK大河「麒麟が来る」も残すところあと3回となり、戦国時代最大のミステリーとなっている「本能寺の変」の描き方が最大の関心事になっています。 さて、終盤に向かって、佐々木蔵之介扮する秀吉 ...

© 2022 ふじ・ふじブログ