史跡

江戸時代の御三卿徳川一橋家の敷地跡

2024/2/24

丸紅本社は江戸時代の御三卿徳川一橋家の敷地内に建てられています。 一橋家は、8代将軍吉宗の四男宗尹(むねただ)を家祖とし、徳川将軍家に後嗣がないときは御三卿の他の2家(清水、田安)とともに後嗣を出す資格を有しました。 しかしながら、御三卿の中で唯一将軍を出したのが一橋家で、歴代の将軍では第11代将軍家斉と第15代将軍慶喜です。   一橋家の北側にあるお堀は、現在、神田川と繋がる江戸川となっています。   1        一ツ橋 一橋家の北東にあったのが一橋門で、門の北の外堀に架かって ...

ReadMore

史跡

東京大学発祥の地・学士会館

2024/2/18

何とも、いかめしい1928(昭和3)年5月20日に開業した学士会館は旧帝大である北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学出身者の親睦と知識交流を目的として造られた施設です。 宿泊、レストラン、会議室、結婚式場がありますが、旧帝大出身者でなくても利用が可能となっています。 この地にあった東京大学の前身である東京開成学校があった事から東京大学発祥の地と言われているようです。 東京開成学校は、江戸幕府の洋学校「開成所(かいせいじょ)」を改称したもので、有名な開成高校、開成中学とは ...

ReadMore

保育 生活

保育で使える歌パネル⑥ 雪の日にピッタリ!『雪だるまのチャチャチャ』

2024/2/17

冬の寒い時期にピッタリの歌 「雪だるまのチャチャチャ」 保育園や幼稚園で よく歌われている可愛い歌です。 今回は0歳や1歳の小さなお子さんにもイメージがつくようにパネルにして 歌ってみましょう。 歌「雪だるまのチャチャチャ」 歌詞 作詞・作曲 多志賀明 1..ゆきがふってきた チャチャチャ そとはまっしろけ チャチャチャ ゆきだるまをつくったら だるまがおどりだす チャチャチャ 2.パパゴンだるま チャチャチャ ママゴンだるま チャチャチャ チビゴンだるまもなかまいり みんなでおどりだす チャチャチャ こ ...

ReadMore

史跡

愛知県田原市の寺下散策

2024/2/11

寺下は、城の南側に防備を固めるために4つの寺を集めたといわれています。 江戸時代に干拓が行われるまで、寺の南は川と干潟が広がっていたと言われます。 今回は、豊橋鉄道田原駅から歩いて寺下の各寺を散策してみました。 1        城宝寺(浄土宗) 駅に近い城宝寺です。 江戸時代に、学者、画家、政治家として活躍した渡辺崋山の菩提寺です。 本堂奥の崋山霊牌堂には、 松林桂月画伯をはじめ、日本有数の画家・書家の寄付による天井画があります。   本堂です。 観光案内 城宝寺起源 一、渡辺崋山先生御墓所 ...

ReadMore

史跡

かつて梶原景時の所領地でもあった寒川神社

2024/2/4

寒川神社は神奈川県高座郡寒川町にあります。 最寄り駅はJR相模線の「宮山」駅です。 駅名は、寒川神社に隣接する宮山神社に由来しています。   寒川神社に歩いて行く途中で、川を渡ります。   着きました。太鼓橋と大鳥居。   寒川神 神社 御祭神 寒川比古命(さむかわひこのみこと)・寒川比女命(さむかわひめのみこと) 二柱の神を奉称して寒川大明神(さむかわだいみょうじん)と申します。   例祭日 九月二十日 (九月十九日 例祭宵宮祭・流鏑馬神事)   由緒 ...

ReadMore

保育 生活

桃の節句⑤ 簡単かわいい つり雛(壁掛けおひな様)

2024/2/3

寒さ厳しい頃に梅の開花を聞くと(もうすぐ春だなぁ)と心が緩みます。 梅が咲いて、桃が咲いて、同じころ桜も咲いて・・・・ 昨今は品種改良が進んで、気象の変化もあり 花々の開花の時期もいろいろですが、 それでも 花の開花は春を感じますね。 3月3日は桃の節句「ひな祭り」 女の子の健やかな成長と幸せを願ってお祝いをする日です。 お子さんと 一緒におひな様を作っておうちに飾り、温かい春を迎えてみませんか? 今回作るのは折り紙と毛糸で作る「つり雛(壁掛けおひな様)」です。 おひな様 関連ブログはこちら 「桃の節句① ...

ReadMore

史跡

インバウンドに超人気の京都・伏見稲荷大社に行ってみた

2024/1/27

伏見稲荷大社(ふしみいなりたいしゃ)は、全国に約3万社あるといわれる稲荷神社の総本社です。 歴史の教科書には出てきたことのない神社ですが、なぜか外国人に超人気。 一度は訪ねてみて、その人気の秘密を探ってみたいと思っていました。   この神社はお山全体を神域としています。 伏見稲荷大社HPから   初めに、京阪本線 伏見稲荷駅下車し、人の流れに乗って東へ進みます。 そうすると稲荷大社裏参道にでます。 やはり、インバウンドの多さが目立ちます。 伏見稲荷大社 楼門(ろうもん)です。 天正17 ...

ReadMore

保育 生活

保育で使える歌パネル⑤ 春を待つ可愛い歌 『あわてんぼうのつくしさん(仮)』パネルシアター

2024/2/16

冬の季節の手遊び歌は、「おふろにはいろ」や「いとまき」「ぺんぎんちゃん」などなどいろいろあるのですが・・・ むかしむかし 私が覚えた歌で春を楽しみに待つ可愛い歌があったので紹介します。 題名は・・・・わからない。 楽譜も引っ張り出したのですが 見当たらない。 でも 歌だけはちゃんと覚えているんです。 ですから 今回は『あわてんぼうのつくしさん(仮)』としておきました。 歌「あわてんぼうのつくしさん(仮)」 【歌詞】 1.あわてんぼうのつくしさん 春が来たかと顔だした だけど まだまだ寒い風 つくしがくしゃ ...

ReadMore

史跡

東福寺=東大寺+興福寺ってあんちょこな名の由来でも寺は荘厳

2024/1/22

東福寺(とうふくじ)は、京都市東山区本町十五丁目にある臨済宗東福寺派の大本山の寺院です。 嘉禎2年(1236年)、摂政九条道家は、九条家の菩提寺として、この地に大寺院を建立することを発願し、寺名は奈良の東大寺、興福寺の二大寺から1字ずつ取って「東福寺」としました。     東福寺のバス停で降り、そこから歩いて向かいます。 日下部門まで徒歩4分です。 しばらく行くと、境内から流れてくる三ノ橋川に架かる臥雲橋から東福寺の通天橋を見ることができます。 ここは紅葉が渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん ...

ReadMore

史跡

三十三間堂・ 後白河上皇の離宮や、秀吉の大仏殿と共に存在していたことも

2024/1/15

三十三間堂は京都を代表する観光地です。 その歴史は古く、元々後白河上皇(1127年 - 1192年)が離宮として建てた法住寺殿があり、その広大な法住寺殿の一画に建てられたのが蓮華王院本堂(三十三間堂)です。 上皇が、平清盛に建立の資材協力を命じて長寛2年12月17日(1165年1月30日)に完成したということです。 その後、鎌倉時代の建長元年(1249年)の建長の大火で焼失し、元寇の年・文永3年(1266年)に現在「三十三間堂」と称されている本堂のみが再建されています。 桃山時代には、豊臣秀吉による方広寺 ...

ReadMore