博覧強記

加賀百万石の金沢旅行を楽しむ② 金沢21世紀美術館は天気の良い日がおすすめ

スポンサーリンク

金沢市は記念館や博物館、歴史的建造物など見たいところがいっぱい。

限られた旅行日程だけれども やっぱり外せないのが「金沢21世紀美術館」

金沢城や兼六園の近くなので ぜひ行ってみましょう。

前回 「加賀百万石の金沢旅行を楽しむ①」で紹介した金沢市内1日フリー乗車券 おとな600円 を使ってバスで移動しました。

気持ちの良い快晴です。

金沢21世紀美術館

様々な出会いの場となることを目指した現代アート美術館で、金沢の人気観光スポットです。

施設内には展覧会ゾーン、交流ゾーンがあり様々な展示が行われています。

屋外にも恒久展示が作品が点在しており、訪れる人の憩いの場になっています。

まずは当日の特別展のチケットを買いました。

人数制限をしているようで、1時間ほど後の見学チケットです。

(事前に日時指定WEBチケットを予約していくとスムーズ)

その間 外にある恒久展示作品を鑑賞しながらお散歩です。

恒久展示鑑賞

【カラー・アクティヴィティ・ハウス】 オラファー・エリアソン

渦巻き状にカラフルなカラスが立っている作品です。

夜になると中央の電気がつくそうですが、日中はこんな感じ。

問題集の答え隠しシートを思い出してしまいました。スミマセン。

【アリーナのための クランクフェルト・ ナンバー3】フロリアン・クラール

芝生の広場に埋められた12 個のチューバ状に開いた筒。隣ではない2 個ずつがペアでつながっていて糸電話のようにお話ができます。

私も挑戦。「こんにちは 聞こえていますか?」と管に話すと「きこえてますよ~」と女性の声が。 素敵なカップルがこたえてくれました。

【ラッピング】LAR/ フェルナンド・ロメロ

パイプとメッシュの壁が包んでいる空間です。

いったい何をラッピングしたんでしょうね。気になります。

【スイミング・プール】作:レアンドロ・エルリッヒ

これは金沢21世紀美術館の人気の作品。

見学を楽しみにしていたのですが、こちらは有料の展示ブースになるので、チケットを買ってから見学です。

そして残念なことに 訪れた日は展示物入れ替え日ということで 内部(プール下)からの見学はできませんでした。残念です。

【そのほか】

・球体のパビリオン 「まる」

いろいろな角度で人や街が映っています。

すごく不思議な物体が浮いているようにも見えます。

・何かわからない大きなぬいぐるみ

うん。わかるよ。私も触りたかった。これが肌色なら「妖怪 ぬっぺふほふ」だよね。

特別展「ぎこちない会話への対応策—第三波フェミニズムの視点で」

「ゲストキュレーターのアーティスト・長島有里枝が、1990年代以降に活動を始めた10作家の作品について、フェミニズムの視点から新たな解釈可能性を見いだす試み」ということですが、とても不思議な作品ばかりで(????)と悩みながらも 面白く鑑賞しました。 (こちらは 写真撮影禁止)

「毛糸でできた大きな女の子の人形の中で 繭に見立てた毛糸の袋でうごめく女性」や「空中に浮いたバケツや木の棒」とか。芸術は爆発だぁ。

これは 段ボールでできた伸び縮みする椅子。(交流ゾーン)

帰りにもう1度だけ 【スイミング・プール】を見学しました。

やっぱり 下から見たかった。

「金沢21世紀美術館」は施設内の展示会はもちろん魅力的ですが、周囲の芝生広場にもいっぱい作品があるので ぜひお天気の良い日に訪れてほしいです。

Nuppe

 

スポンサーリンク

-博覧強記,

© 2021 ふじ・ふじブログ