保育

おやこで工作 折り紙や包装紙で作るかご(バッグ)

スポンサーリンク

お子さんとおうち遊びをする時 大活躍する手作りバック。

前回は封筒を使ってバック作りに挑戦。

おやこで工作! 封筒で作るバッグ(かばん)

今回は折り紙や包装紙を使って レトロなカゴ型の入れ物を作ってみましょう。]

【材料】

・両面折り紙

最近は100円ショップなどで手軽に買えます。

・包装紙

なんとなく 茶色っぽい方がカゴらしいけど・・・家にあった包装紙、茶色は残り少ない。

・取手になるもの(あさひも・リボン・毛糸など)

・のり、両面テープ、ガムテープ、ホッチキス・穴あけパンチ

かごの折り方

3歳くらいになると 保育園や幼稚園で習う「コップ折り」

これもBAGになります。簡単だけど好きな形です。

でも 今回は「かご型」にしたいので、いろいろ考えた結果 おばぁちゃんたちがよく新聞紙で作る「ゴミ箱」がおすすめ。

食べたミカンの皮を入れたり、野菜の保存袋に使ったり 簡単に折れて便利です。

このかたちでカゴを折ります。


  • 折り紙もしくは四角に切った包装紙を半分に折り、両端を2つ折りにします。

    紙の大きさによりますが、折り幅は端が開かないように幅を広めにとりましょう。(両面テープが貼れる広さ)


  • 折った部分に両面テープを貼ります。(両端)


  • 端を少し切って、上部を2回折り返します。

    反対側も同じように 折り返しましょう。


  • カゴに幅を持たせるため 底のかどを押し込みます。

    角を押し込むと丸みができます。
    上手くいかない時は、端を折ってテープを貼りましょう。


  • カゴ部分完成。端の折り方を斜めにすると開口が少し狭くなります。


取手を付ける

カゴの大きさや柄に合わせて 素材選びしてみましょう。

通常の折り紙サイズはこんな感じ。

麻ひもは三つ編みしてもいいですね。

我が子の通っていた保育園では、年中から「ひもを編む」カリキュラムがありました。 ゆっくり時間をかけて お子さんと編んでもいいですね。

こんな風にタンスに挟むと編みやすいですよ。

注意

①ホッチキスを使う時は、針の先側にテープやシールを貼りましょう。

⓶ひもをカゴに通したい時は、ガムテープを貼って補強をしてから 穴を開けましょう。

花カゴにしてみよう

せっかくなのでコップ折りのカゴにチューリップを入れてみました。

家で飾ったり、保育室に飾る時はお子さんの写真を貼っても可愛いですよ。

重みがあると倒れやすいので、牛乳パックで作ったホルダーに挟んで中に入れています。

ちょっと頑張って、立体のチューリップを作って入れてみました。

このハチさんは、「へびの折り方」体部分を作っています。

おしりを上げたり下げたり 形を変えることができます。

針金を入れやすいのも◎です。

へびの折り方はこちらにのせています。

簡単! 可愛い! 折り紙でいもむし(あおむし)を作ろう

いろいろなカゴを作って、お買い物ごっこしたり、お菓子をいれたり楽しく遊んでくださいね。

Nuppe

スポンサーリンク

-保育

© 2022 ふじ・ふじブログ