保育 生活

ハンカチ遊び 十五夜のうさぎ

スポンサーリンク

昔 食堂や喫茶店でよく見かけた「おしぼり」

何となく おしぼりで遊んだことありませんか?

私はよく お人形を作って遊んでいました。(昭和ですね~)

でも 今は使い捨てのお手拭きばかりで、懐かしい形のおしぼりは たまに居酒屋さんで見るくらいになりました。

最近はハンカチがタオル地の物になっているので、「タオル地のハンカチ」を使ってうさぎを作ってみましょう。

うさぎの作り方

わかりやすいように ピンクのハンカチで作ってみます。

輪ゴムでもいいですが、ソフトな締め付け感がフィットするので、マスクのゴムを使ってみました。(大小1つずつ)


  • まずはハンカチの端をうさぎの耳に見立てて ゴムで絞る。


  • 顔のふくらみをつけるため 綿やあまり布、不織布などを丸めて入れる。

    これはキッチンペーパーを使ってみました。


  • 丸みがある部分を顔に見立てて 耳の結び目を隠すように折って乗せます。


  • 残りの部分をねじりながら後ろに持って行きます。


  • 胴体の部分を残しながら ハンカチの両端を前に持って行き足を作ります。

    胴体の部分にゴムをかけて固定します。


  • お子さんと遊ぶ時は このままでも 下から指を入れて指人形にして遊んでもいいですよ。

    白いハンカチで作るとこんな感じです。


 

おはなし会で使えるうさぎ人形

「十五夜お月さん」の歌に使える うさぎ人形を作ってみました。


  • 白いハンカチが無いときは 古いタオルを四角に縫っても使えます。


  • ピンクのフェルトを耳になる部分に縫い付ける。(木工用ボンドでも〇)

    対角にある端が耳になります。

    片方は裏面になるので注意!


  • 耳の形を決めたら 糸で縫って形を整える。


  • この後は基本の「うさぎの作り方」と同じ。


  • 丸いシールで目を貼り、可愛いフェルトを飾りにしてみました。

    かわいいうさぎちゃんが出来ました。

    あと お月様のペープサートを作ったら 「十五夜お月さん」楽しく歌えそうです。


十五夜の壁飾り

かわいいうさぎさんなので、壁飾りも作ってみましょう。

最初に作ったうさぎより ひと回り小さめです。

ハートが大きすぎたので このあと小さなお花シールに替えました。

シンプルですが、立体的な壁飾りも可愛いですよね。(指を入れる場所に楊枝を入れて リースに差し込んでるだけです)

月の行事は、十五夜だけでなく 十三夜十日夜(とおかんや)もあるので うさぎ人形で遊びながら夜空を見上げてくださいね。

Nuppe

スポンサーリンク

-保育, 生活

© 2022 ふじ・ふじブログ