保育

0歳~1歳半頃の赤ちゃんがよろこぶ おすすめのおもちゃ

スポンサーリンク

「可愛い赤ちゃんのよろこぶ顔がみたい!」お父さんやお母さん、おじいちゃん、おばあちゃん 赤ちゃんへのプレゼント 悩みませんか?

と~っても素敵なおもちゃが、世の中にはたくさんあって、どれも すこぶる可愛くできていて 迷います。

出来るなら すぐに興味をもってくれて 遊んで欲しい! 笑顔がみたい!ですよね。

保育園や子育てセンターで、長年 赤ちゃんがおもちゃで遊ぶ様子をみてきた私(ぬっぺ)が、今回は赤ちゃんの成長発達を押さえながら おすすめのおもちゃをご紹介します。

友だちへの出産祝いや実家で赤ちゃんを待っているおじいちゃん・おばあちゃんも参考にしてくださいね。

1 0か月~6か月の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ

1-1 0~6ヶ月の赤ちゃんの発達・あそび

【0~3ヶ月の赤ちゃん】

新生児の赤ちゃんは、寝ていることがほとんどで、ぼんやりと周囲が見えるくらいですが、1ヶ月、2か月になると 動くものを目で追ったり、じ~っとお母さんの顔をみます。

泣き声だけしか聞かれなかったのが、「あ~」「うっくん」など 声を出したりします。聴く力も高まり、3ヶ月くらいになると音の方を向いたりします。抱っこしたり、ふれあい遊びをするとニコニコと笑顔も見られるようになります。

手の筋肉がついてきて、グーばっかりだった手を開き、指を動かしたり、なめたり見たりして楽しみます。おもちゃを握らせると手で持ちますが、まだ自分の意思で握っているのではないので、すぐに落としたりします。

 

【4~6か月の赤ちゃん】

首が座ってくると赤ちゃんは音のする方を向いて聞いたり、首を動かして興味あるものを目で追ってみたりします。寝返りが出来るようになると、今度は興味のある方向へ手を伸ばして触ったり転がったり「目で見たものを手で触ろうとする」動きの連携が出来てきます。

少し不安定ですが、座れるようになると目線もグッと高くなり、興味を持つ範囲も広がります。楽しいときの喜びの反応も大きく いっしょに遊んであげるおとなも癒されます。

1-2 0~6ヶ月の赤ちゃんに人気のおもちゃ

【ねんねでも楽しめる おもちゃ】

 

【手で持ってあそぶ おもちゃ】

 

【おやこでゆったり楽しめる 音楽】

2 7か月~1歳のお誕生日頃の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ

2-1 7か月~1歳ころの赤ちゃんの発達・あそび

7か月~9ヶ月頃の赤ちゃん】

お座りも安定して、ずりばい・ハイハイが上手くなってきた子も多いこの頃、好奇心も旺盛で 欲しいものを見て手を伸ばして「あっあっ」と要求したり、ハイハイやずりばいで果敢に 興味のあるもの目指して進んだりして 動きが活発です。ひょんなタイミングでつかまり立ちして、届かないと大人が思っていたものを手に持っていたりしてヒヤヒヤするのもこの頃からです。

大好きな家族をよく分かって 後追いが始まります。好きや嫌い、楽しい、怒る、笑うなど喜怒哀楽がはっきりして感情表現が豊かになります。

 

9ヶ月頃~1歳のお誕生日頃の赤ちゃん】

意思表示がしっかりしてきて 嫌なことやりたいことの表現が豊かになってきました。言葉も少しわかってきて 「ありがとうは?」というと頭をぺこりと下げたり、パチパチしたりと愛くるしい姿が見れるのもこの時期です。つかまり立ちであちこち動き、数秒手放しで立ったり、早い子は歩いたりします。

大人の行動をよく見ていて 引き出しを開けようとしたり、指先も器用になってきて 小さいものをつまんだり・ボタンを押したり大人のまねをすることが多く、好奇心は旺盛になってきます。

 

2-2 7か月~1歳のお誕生日の頃の赤ちゃんに人気のおもちゃ

【座りながらじっくり遊べる おもちゃ】

 

【自分で押して動かして遊ぶ おもちゃ】

【お子さんによって 興味を引くおもちゃ】

ヒント

この頃の赤ちゃん 少しずつTVやビデオを見る機会もあり、赤ちゃんもキャラクターを認識し始めます。

赤ちゃんに人気のあるキャラクターは

・アンパンマン ・いないいないばぁ!のワンワン、ウータン ・ミーフィーやキティーちゃんなど癒し系のキャラクターも人気です。

悩んだ時は、キャラクターの力を借りるのもありですね。

 

3 1歳~1歳半頃の赤ちゃんにおすすめのおもちゃ

 

3-1 1歳~1歳半頃の赤ちゃんの発達・あそび

しゃがんだり、立ったり、歩いたり、登ったり(足が上がる範囲) 赤ちゃんの体全体に筋肉がつきはじめ、出来ることが増えてきました。この頃は (遊びと筋トレが一緒になっている)と思うくらい いろんなことをしようと チャレンジします。危ない物・大切なものなど分からないので、遊ぶお部屋環境の見直しが必要になってきます。

「ママ」「まんま」「ワンワン」「ブーブ」など言いやすい言葉を話す子もいます。お話下手の子も 「あっあぁ~」と自分の要求や感情を声に出して伝えようとします。

離乳食も終わりになって、コップで上手に飲んだり、スプーンですくおうとしたり、自分でやろうとする姿がみられるようになります。

おっとりさんやこわがりさん、やんちゃさんやがんこさんなど 親子教室で遊ぶと面白くなるのもこの時期です。

3-2 1歳~1歳半頃の赤ちゃんに人気のおもちゃ

【生活に密着したまねっこあそび おもちゃ】

【手先が器用になって 見て触って楽しむ おもちゃ】

ポイント

赤ちゃんのおもちゃは 安全性が第一です。小さいうちはなめたり、かじったりすることは意識しておいてください。

小さい部品や突起のあるものは避けましょう。対象年齢をよく見て、塗料・素材の有害性や誤飲など厳しい基準をクリアした日本の「STマーク」やアメリカの「ASTMマーク」ヨーロッパ基準の「CEマーク」など確かめましょう。

まとめ

赤ちゃんの成長はとても早いです。長く使えて 楽しめるおもちゃを選びましょう。

赤ちゃんが興味を示さなくても 時期をずらすと楽しめることもあります。少しの間しまっておいてから また 出してみるのもいいですよ。

赤ちゃんにとって遊ぶことは、体の成長や好奇心・達成感など心の発達を刺激してくれます。そして、一緒に遊んでくれる人の優しい見守りと言葉がけをとおして、安心感やルール、言葉、ものごとを知っていきます。

ぜひ おとなも楽しみながらおもちゃを選び そして いっしょに遊んでくださいね。

 

大きなおもちゃは 赤ちゃん家庭の住宅事情があるので、お祝いで送るときはお相手に尋ねることも大切です。

私は2人目のお友だちには、上のお子さんと赤ちゃんへおそろいのTシャツなど送っていました。

おもちゃ屋さんに行くと、小さい子がいなくても見ているだけでワクワクします。

もう少し大きい子のおもちゃについては「2歳~3歳の子どもの成長に合わせた おもちゃの選び方」をご覧ください。

素敵なおもちゃがみつかりますように。 ぬっぺ/Nuppe



スポンサーリンク

-保育
-

© 2021 ふじ・ふじブログ