鹿児島旅行 霧島温泉の周辺観光

スポンサーリンク

霧島神宮への参拝を終え レンタカーで向かうは「霧島温泉」。

でも 途中で買ったさつま揚げをつまんだだけなので、某有名旅行雑誌で見たカフェを目指します。

しかし レンタカーについてたナビに電話番号を入力するが、「該当の番号が無い」と表示。住所を入れて向かったものの 建物がない。

仕方がないので、2つ目の候補のお店に向かうが・・・・通り過ぎてしまうようなお店。

図書館で借りた超有名雑誌なのに・・・ココ??えっ?! 

遅めの昼食は諦めて、通り道にあった「霧島神水峡」に行くことにしました。

霧島温泉 周辺観光

1 霧島神水峡

霧島神水峡は霧島神宮近くを流れる霧島川沿いに作られた、全長1800mの遊歩道です。霧島神宮の大鳥居から近いですが、あまり目立つ表示もなく静かな渓谷で森林浴が楽しめます。

川沿いには溶岩がゆっくり固まって、柱のように並んで角柱状の割れ目「柱状節理」が見られます。

入口は本当に小さな遊歩道です。天孫降臨の神話に登場する瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)と神々を案内したという猿田毘古神(さるたひこのかみ)の人形が出迎えてくれます。

ちょっとお腹は減っているけど、せっかく来たんだから 歩きましょう!!

少し破損していますが、瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)「ニニギちゃま」

 こちらは案内役の「サルちゃん」猿田毘古神(さるたひこのかみ) 天狗のような鼻です。

川沿いを上っていきます。途中 人口の滝も見られます。整備はされているものの 階段があったりするので なかなかの運動です。

遊歩道を半分超えた頃 柱状節理にたどり着きました。

これが全部溶岩だったと思うと自然は凄いですね。近くには「柱状節理」について説明表示がありました。

ニニギちゃまとサルちゃんが説明しています。

2 丸尾滝(マルオノタキ)

霧島の温泉ホテルで宿をとっているので、そちらに向かいながら丸尾滝を目指します。

その前に寄った霧島神水峡の遊歩道が足に来ていて(駐車場から滝が遠いのはちょっと・・・)と 少し消極的な気持で向かいました。

丸尾温泉と霧島神宮を結ぶ国道223号をちょっと入ると 道沿いに駐車場があり、温泉独特の硫黄のにおいがします。珍しい「温泉の滝」です。

駐車場が目の前で良かったぁ。
天気が良いから 虹が見えます。いい日です。

3 霧島国際ホテル

霧島でのお宿はココ 霧島国際ホテルです。温泉街から少し山に向かったところにあります。途中 あちこちから温泉の湯気がモクモク。豊富な温泉が感じられ期待が高まります。

Withコロナの現在。まずは体温測定・体調の確認をしてからチェックインです。

湯けむりとにごり湯の宿【霧島国際ホテル】

 湯量豊富な源泉かけ流しの温泉です。本館に大浴場、別館に乳白色のにごり湯の露天風呂があります。

岩盤浴には入りませんでしたが、女性の大浴場には「岩盤が椅子型になったサウナ」があり、泥パックができる場所もあります。

とにかく 良いお湯で、満足!満足!もちろん 次の朝も男女入れ替わったお風呂を堪能しましたよ。

【食事】

・夕食は、コロナ禍での営業指導の為か、混雑を避けた会場での食事です。ただ 広いわりに 人数がいなく 秋も深まった日だというのに暖房が無く寒い!

鹿児島の焼酎をお湯割りで飲んで なんとか温まりました。料理は美味しかった。でも 寒い!!

・朝食も同じ会場です。朝はもっと冷えてました。茶羽織をしっかり着て参戦。

桜島が美しく見えて、気持ちの良い朝です。食事も美味しくていいお宿でした。

鹿児島旅行は以下の記事にアップしています。

薩摩藩島津家の別邸「仙巌園」と世界遺産の「集成館跡」

砂蒸しの指宿温泉 第33期竜王戦 第五局の会場 「白水館」に宿泊

鹿児島旅行 霧島温泉の周辺観光

太平洋戦争時代、特攻隊の飛び立った鹿児島県・知覧の特攻平和会館

鹿児島旅行 天孫降臨神話を語り継ぐ霧島神宮

大河ドラマ『西郷どん』のロケ地 鹿児島・知覧武家屋敷庭園


一休限定プラン『タイムセール』随時実施中!

スポンサーリンク

-

© 2021 ふじ・ふじブログ