博覧強記

君津のシンボル久留里城址と、新井白石が青年期を過ごした市内の自噴井戸

2021/7/10  

千葉県君津市にある久留里城は、切り立った山の上に立つ典型的な戦国時代の山城でした。 残念ながら、現在の城は鉄筋コンクリート製で、往年のものとは違いますが、それでも天守閣に立つとその景色のパノラマに圧倒 ...

博覧強記

何にもないけど大満足 大江戸温泉物語 君津の森

2021/7/1  

久しぶりにお出かけを計画して、東京からアクアラインですぐの千葉に行くことにしました。 今回のお宿は大好きな大江戸温泉物語グループの「君津の森」初利用です。 目的が(どっかに行きたい!)とブラタモリで観 ...

龕附(がんつき)天正金鉱 ほぼ当時のまま姿をとどめる西伊豆土肥の手掘りの坑道跡 

2021/4/18  

西伊豆の土肥金山が三菱マテリアルグループの土肥マリン観光(株)が金鉱のテーマパークとして大々的に観光客を集めているのとは対称的に、龕附(がんつき)天正金鉱(伊豆市指定文化財)はほぼ当時のまま姿を止める ...

土肥金山で17億円もする本物の金塊を触れば、束の間の億万長者の気持ちに

2021/3/31  

西伊豆にある土肥金山は、建徳・文中・天授(1370年代)の時代、足利幕府直轄の金山奉行が土肥を支配し、盛んに金を掘ったのが始まりと伝えられています。 江戸時代には幕府直轄の金山として、佐渡に次ぐ産出量 ...

車で行く西伊豆旅行 マニアックな観光スポットいっぱいの土肥温泉はおもしろい

2021/3/24  

伊豆へは何度も訪れたけれど伊東や修善寺、伊豆下田ばかりで、今回が初の西伊豆「土肥温泉(といおんせん)」です。 泊まった宿は大江戸温泉物語グループ「土肥マリンホテル」 前回の大江戸温泉グループ「ホテル木 ...

博覧強記

埼玉県深谷市の旧渋沢邸「中の家(なかんち)」、血洗島の由来

2021/2/27  

旧渋沢邸「中の家(なかんち)」の主屋は、渋沢栄一の妹・てい と婿養子の市郎が明治28年(1895年)に上棟された建物です。 渋沢栄一も年に数回はこの家に帰郷していたとのことです。 渋沢家は、この地の開 ...

博覧強記

吉沢亮と橋本愛の出迎えを受け「渋沢栄一 晴天を衝け 深谷大河ドラマ館」観覧

2021/6/17  

「渋沢栄一 晴天を衝け 深谷大河ドラマ館」は、JR深谷駅から徒歩(1km/約16分)の少し離れた場所にあります。 歩いても、もちろん行けますが、開催期間中は「渋沢栄一 論語の里 循環バス」も走っていま ...

博覧強記

「青天を衝け」深谷の大河ドラマ館へ。『論語の里 循環バス』利用が断然おすすめ!

2021/4/7  

2月のバレンタインに始まった吉沢亮君主演「青天を衝け」 なかなか好評な滑り出しのようです。 先日たまたま渋谷で「青天を衝け」のイベントに出くわし、主人公 渋沢栄一の生家「中の家」(なかんち)のVRを体 ...

よみうりランド ジュエルミネーション2020-2021 今年もやっぱりきれいだった

2020/12/24  

毎年 クリスマスの季節になると、よみうりランドのイルミネーションを見て クリスマス気分やおとそ気分を味わう我が家。 今年は滞在時間を短めに 点灯と同時に入園して、アトラクションは我慢して、噴水ショーを ...

花巻の地質

宮沢賢治を生んだ花巻の地質学的の特異性

2020/12/29  

宮沢賢治は子供の頃「石っ子賢さん」と呼ばれていました。 花巻川口尋常小学校4年時の担任の八木英二先生は、賢治たちに鉱物研究者には宝の山であると教えました。 とにかく、賢治の石への執着は好奇心という生易 ...

© 2021 ふじ・ふじブログ