史跡 美術館/博物館

宮城県登米市・武家屋敷

2024/7/6

登米は、1604年(慶長9年)に「伊達政宗」(だてまさむね)の領地となり、その一門である登米伊達氏の城下町として繁栄しました。 現在、「登米」と表記される宮城県の地名は、市を表す場合には「とめ」、町名としては「とよま」と呼ばれています。 鎌倉時代には葛西氏が「奥州合戦」で武功を上げ、陸奥国(現在の宮城県から岩手県南部にかける地域)を統治していました。 1536年に15代領主の葛西晴胤が居城を石巻から登米に移しました。 登米は水陸の交通要所であり、領地経営に適した場所とされています。 しかし、豊臣秀吉に反旗 ...

ReadMore

美術館/博物館

宮城県・登米市の伝統芸能伝承館(森舞台)

2024/7/1

宮城県登米市は仙台から北に80kmほどあります。 NHKの朝ドラ「おかえりモネ」で、主人公のモネが高校を卒業後、気仙沼の離島・亀島から森林組合の見習いとして移り住んだ町です。   森舞台は、モネの居候先のサヤカ(夏木マリ)が「登米能」を披露した場所です。 設計はオリンピックスタジアムの設計で有名になった隈研吾です。 「森舞台」の名前の由来は、能はそもそも大自然の中で演じられるもので、全ての空間が森に向かって解放されるという思想の元設計され、名づけられたとのことです。   登米町伝統芸能 ...

ReadMore

史跡

秩父・青雲寺「しだれ桜」

2024/6/30

桜が満開の季節(2024-4-1)に、秩父・青雲寺を訪れました。 青雲寺は「しだれ桜」で有名な寺です。 お寺自体は駐車場がないため、近隣の駐車場に車を止めます。 駐車場のサクラも見事です。 お寺は小高い丘の上にありますが、そこから見下ろすと下の民家にもいっぱいのサクラが咲き誇っていました。 いよいよここから境内です。   山門脇のサクラも見事でしたが、メインは他にもあります。 天然記念物のしだれザクラです。 エドヒガンザクラという種類ですが、普通エドヒガンザクラは枝垂れないです。 掲示板には、枝 ...

ReadMore

ジオサイト

石灰岩と玄武岩の層の境目の露頭にある橋立堂・橋立鍾乳洞

2024/6/29

武甲山の麓にある橋立堂は、秩父34ヶ所観音霊場のひとつです。 前の日に、武甲山資料館で石灰岩と玄武岩の境目を見られると聞いて来ました。 実は、2017年7月15日のブラタモリでも、タモさんと近江アナがここを訪れています。 最後は、車一台しか通れない山あいの道を進み、駐車場に着くと目の前には高さ75mの岩肌がむき出しになった壁がありました。   橋立堂周辺の文化財 所在地 秩父市大字上影森六七八番地 天然記念物橋立鍾乳洞 昭和十一年三月三一日指定 鍾乳洞は、石灰岩が長い年月のあいだに風雨や地下水に ...

ReadMore

史跡

左甚五郎作と伝わる彫刻も鮮やかな秩父神社

2024/6/27

秩父の夜祭で有名な秩父神社は秩父鉄道秩父駅より徒歩3分の場所にあります。 車の場合は関越自動車道 花園I.C.から約30kmの所にあり、40分程度あります。 参拝者用の駐車場もありますが、休日などは混雑して利用が難しい時があるようです。 ただ、私が行った3月終わりの日曜日の午後はいくつかの駐車スペースがありました。 知恵の神様とされる八意思兼金命(やごころおもいかねのみこと)が祀られています。 正面の大鳥居です。 秩父神社 当社は市の中央の森に鎮座し秩父地方の総社であり延喜式神名帳にものっている二十有余年 ...

ReadMore

博覧強記 史跡

狼を神の使い(御眷属)とする秩父・三峰神社

2024/6/26

大好きなTV番組に『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』(テレビ朝日)があるのですが、 「絶滅動物」の博士ちゃん(小森日菜子ちゃん)がニホンオオカミ好きで、「三峰神社」は犬神としてオオカミを祀っていると話していて気になってました。 ただ 秩父と言っても 標高1100m けっこうな山の中にある「三峰神社」 バスで《西武秩父駅~三峯神社…約75分》かかるそう。 自家用車に乗って 秩父の山の中 いざ「三峰神社」へ 西武秩父鉄道 直通運転の最終駅「三峰口駅」を横目に まだまだ 山の中を進んでいきます ...

ReadMore

保育 生活

赤ちゃんがよろこぶ 簡単おうち工作 「ひっぱりBOX」

2024/6/7

お座りが上手になってきた赤ちゃん 少しずつ手を自由に使えるようになって おもちゃを握ったり、床に落ちてるものをつまもうとしたりしますよね。 そんな赤ちゃんが楽しめるおうち工作を作ってみましょう。 《材料》 *ひも リボンなど 洋菓子のリボンや衣服のフードについていた紐など 手触り・色・固さ さまざまです。 *空き箱(できれば 上部が1枚の面になっていて、開け閉めがしやすいもの) *赤ちゃんが好きなシールやチラシ   *その他 テープ・ボタン・穴をあける目打ちなど(目打ちは無かったら 串やドライバ ...

ReadMore

美術館/博物館

秩父まつり会館

2024/6/3

秩父まつり会館は、毎年12月2日(宵宮)・3日(大祭)に行われる日本三大曳山祭の一つ「秩父夜祭」を中心に、秩父の祭りについて紹介する展示館です。 お祭り当日は、近くの熊谷市でも浴衣を着た女性が秩父鉄道に乗っていく姿が見られます。 お祭りに行った事は無いのですが、本館の展示を見て、その熱気を感じることができました。   1階には傘鉾と屋台の展示がありました。 傘鉾 宵祭りで、これらの車が街を練り歩いていたら綺麗でしょうね。 秩父盆地には各地に笠鉾が散在するが、 特に秩父夜祭の笠鉾は豪華で、 屋台に ...

ReadMore

ジオサイト 史跡

日本で最初の流通貨幣 「和同開珎」発祥の地

2024/6/2

物々交換で経済が成り立っていた古代の日本において、和銅元年(708)に武蔵国秩父郡(むさしのくにちちぶぐん)(埼玉県秩父市)から国内で初めて自然銅が発見され、貨幣「和同開珎(わどうかいちん(ほう))」が鋳造されました。 和同開珎は、一昔前であれば、日本最古の貨幣と考えられていましたが、平成10年の夏、奈良県の飛鳥池遺跡(あすかいけいせき)で、708年[和銅(わどう)元年]よりもさらに古い7世紀後半の地層からから、約40枚の富夲銭(ふほんせん)が見つかったため、最古の座を譲ることになりました。 富夲銭は、数 ...

ReadMore

秩父をめいっぱい楽しむ旅 お泊りは駅前 ホテルルートイン西武秩父駅前

2024/5/22

「そうだ 秩父に行こう!」と思い立ったものの 秩父は広い。 秩父神社は駅に近いけど、三峰神社は山の上。 和銅ゆかりの神社と言われる聖神社で、金運の神様・銭神様にもお会いしたい。 できれば羊山公園の資料館にも行きたい。 あれこれ行きたいところいっぱいで「くるま旅」を計画しました。 ホテルルートイン西武秩父駅前 もともと秩父は江戸時代から湯治客や秩父三十四箇所霊場を回る巡礼者でにぎわった温泉地。 あちこちに宿が点在し、静かにくつろげる素朴な温泉もたくさんあります。 でも 今回宿泊したのは秩父駅前にある「ホテル ...

ReadMore